« ジャズの小径・9月号の更新です | トップページ | レッド・ツェッペリン Ⅱ »

2008年9月24日 (水曜日)

レッド・ツェッペリン Ⅰ

レッド・ツェッペリンの『デフィニティヴ・ボックスセット』を手に入れて、早4日が経過した。その経緯については、9月20日のブログでご説明したが、おかげ様で、順調に聴き直しが進んでいます(笑)。

まずは「レッド・ツェッペリンⅠ」(写真)を聴き返したんだが、やっぱり良い。レッド・ツェッペリン(以下ゼップと略す)って良いねえ〜。とにかく、リフ一発、フレーズ一発、シャウト一発、ロックの基本中の基本が詰まっていて、全編、あっという間に聴き終えてしまう。

さすが、ジェフ・ベックの後を受けて、ヤードバーズの最終リード・ギタリストになった、ジミー・ペイジ。ただでは終わらない。次なるバンド結成に向けて、新しい楽曲のテストを積み重ね、遂には、ゼップのメンバーに、メンバーを入れ替えて、ニュー・ヤードバーズとして、新しい楽曲のリハーサルを重ねる入念さ。
 

Zep_1

 
とにかく、「レッド・ツェッペリンⅠ」に収録された楽曲は全て、当時、絶対に売れる「売れ筋」を入念に分析し、その「売れ筋」の音的要素を全て詰め込んだ「用意周到さ」が素晴らしい。ロックンロールに必須な「印象的なリフとフレーズ」、当時絶対的人気を誇った「ブルース調」、そして、まだまだ根強い人気を維持していた「サイケディックな曲調」がしっかり詰まっている。

売れないはずないよな〜。でも、ゼップの素晴らしいところって、当時の「売れ筋」の全てを踏襲しているんだが、今の耳で聴いても、古さを感じないこと。どころか、新しい発見があったりするところ、これって、今でもイケるんじゃないの、と思わせる「音の普遍性、先進性」が素晴らしい。

今でも冒頭出だしの「Good times bad times」のイントロのリフを聴くだけでワクワクするし、「Dazed and confused」の怪しさに惚れ惚れし、「Communication breakdown」の疾走感にドキドキする。

やっぱり、ゼップは、僕にとって、永遠の、最大の「ロック・スター」だということを再認識した次第です。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« ジャズの小径・9月号の更新です | トップページ | レッド・ツェッペリン Ⅱ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レッド・ツェッペリン Ⅰ:

« ジャズの小径・9月号の更新です | トップページ | レッド・ツェッペリン Ⅱ »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー