« レッド・ツェッペリン Ⅱ | トップページ | クインテットの「ビル・エバンス」 »

2008年9月27日 (土曜日)

Know What I Mean?

日本では、ビル・エバンスと言えば「ピアノ・トリオ」でないと許さない、的な雰囲気があるが、何も、ビル・エバンスというピアニストは、トリオ編成の時が一番素晴らしい、というような「フォーマット限定」のピアニストではない。

逆にフロントに管楽器を持ってくると、管楽器が旋律を浮きだたせ、加えて、エバンスの優れたバッキングが管楽器を引き立たせる、という相乗効果で、聴き応えのあるアルバムが生まれ出るケースが幾つかある(もともと、エバンスは、管楽器をフロントにしたカルテット以上の構成での録音が、トリオほど多くない)。

管楽器と組むことで、聴き応えのあるアルバムとなった一枚が『Know What I Mean?』(写真左)。フロントに、アルトサックスのキャノンボール・アダレイを立てたカルテット構成。パーソネルは、Cannonball Adderley (as) Bill Evans (p) Percy Heath (b) Connie Kay (d)。1961年の1月〜3月の間、3回のセッションを経て作成されたアルバムである。

タイトルの「Know What I Mean?」は、和訳すると「俺の言ってること、判るかい?」。当時、キャノンボール・アダレイの口癖。この口癖をタイトルに、エバンスはオリジナルを書いています(アルバムのラストに収録されていますね)。

さて、このアルバムの内容は、冒頭の有名曲「Waltz For Debby」の出だし3分で保証されたようなもの。リリカルで叙情的なエバンスのピアノの前奏から、主題をキャノンボールのアルトサックスが可愛く軽やかに吹く。
 

Know_what_i_mean

 
「Waltz For Debby」の美しいテーマの旋律が、アルトサックスによって、クッキリ浮かび上がってきて、優しく可愛らしい中に、力強さが漲る、ピアノ・トリオの時とはまた違った「Waltz For Debby」が聴ける。躍動感溢れる「Waltz For Debby」。良い感じである。

リリカルで叙情的なエバンスのピアノと、ファンキーで陽気なキャノンボールのアルトサックスとは、水と油で合わない、とする向きもあるが、そうとは思わない。エバンスのバッキングの技術、能力は、そんな並のものではない。ファンキーで陽気なキャノンボールのアルトサックスを上手く活かす、それでいて、自分の主張はしっかりと通す、という、非常に優れたバッキングを提供している。

キャノンボールも、このアルバムでは、圧倒的にファンキーで明るく陽気なアルトは封印し、エバンスのバッキングに上手く乗るような、柔らかく優しい、ちょっと可愛らしい、明るくはあるが抑制のとれたアルトサックスを聴かせる。このアルバムのキャノンボールのアルトを聴くと、キャノンボールの演奏家としての能力の高さが理解できる。

2曲目の「Goodbye」以降、「Who Cares?」「Venice」「Toy」「Elsa」「Nancy (With the Laughing Face)」、ラストの「Know What I Mean?」まで、ポジティブで明るい、それでいて抑制の効いた、リリカルな演奏が繰り広げられる。どの曲の演奏も優秀。曲によって、バラツキが無いのはさすが。エバンスとキャノンボールのコラボの妙が堪能できる優れた演奏ばかりです。

このアルバムは、聴く人によって評価がコロコロ変わる、不思議なアルバムですが、僕は好きです。ジャズ初心者向けに格好のアルバムの一枚だと思います。

ちなみに、2曲目の「Goodbye」は、夜、寝る前によく聴きます。僕にとって「ナイト・キャップ」的な、お気に入り曲のひとつです。ユッタリしみじみして、心が洗われるような雰囲気に包まれる、実に叙情的な演奏で、その日の寝付きが確実に良くなります(笑)。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« レッド・ツェッペリン Ⅱ | トップページ | クインテットの「ビル・エバンス」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Know What I Mean?:

« レッド・ツェッペリン Ⅱ | トップページ | クインテットの「ビル・エバンス」 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー