最近のトラックバック

« ELPの本質は、このアルバムに | トップページ | 分類不可能な「ポップ・ロック」 »

2008年9月 6日 (土曜日)

海につれて行って・・・(^_^)

朝は涼しいんだが、日が高くなるにつれ、昼前から真夏の蒸し暑さとなるんだよな。まだまだ暑いですね。特に、今年は蒸し暑い。この蒸し暑さが、結構、体にこたえる。このところ、昼ご飯を食べた後、毎日、睡魔に襲われています。

さて、それでも、夏は僕の大好きな季節。四季の中で一番好きな季節は、と問われれば、絶対に「夏」と答える。夏の雰囲気に合ったアルバムは多々あるが、今日は、70年代Jポップ、いわゆるニューミュージックのジャンルから、渡辺真知子の『海につれて行って』(写真左)を選択。

渡辺真知子(写真右)は、1956年生まれ。神奈川県横須賀市出身。現在でも、バリバリ現役のシンガーソングライターである。天真爛漫な人柄みたいで、ライブやテレビ出演時などでは、軽妙で明るいなトークが良いですね。僕は「迷い道」でデビューして以来、密やかなファンの一人として、長年、応援してきています。
 

Machiko_uminitsu

 
渡辺真知子は横須賀市出身ということで、海にまつわる曲が多い。1977年のデビューアルバムは、ズバリ『海につれて行って』。このアルバム、船山基紀がアレンジを一手に引き受けていて、内容的にはなかなかのもの。改めて聴いてみて思うのは、渡辺真知子は歌が上手い。今の耳でも十分に聴ける、ニューミュージック時代の佳作といえるでしょう。

当時のニューミュージックの他のミュージシャンのアルバムとは、ちょっと雰囲気が違うところが、僕には良い。どう違うかというと、他のミュージシャンのアルバムは、音のベースが「ロック&ポップス」。ビートルズやアメリカン・ポップスが音の根底にある感じ。

しかし、渡辺真知子のアルバムの根底には、音の根底には「ジャズやフュージョン」がある感じ。彼女の声量が豊かなことも影響していると思うが、実にジャジーな感じがする。テンポの速い曲はフュージョンの雰囲気。口先のボーカルとバックの演奏の雰囲気で誤魔化す、当時の流行とは一線を画した「正統派」な感じが実に良い。

アルバムの出だし「海のテーマ」から「海につれていって」につながるところは、いつ聴いても「いいなあ」と思う。そして続くは名曲「かもめが翔んだ日」。この冒頭の3曲は、全く持って「海の雰囲気」。

夏の雰囲気にピッタリのアルバム。特に、涼風吹き始めたこの季節にピッタリで、この季節に、思い出しては、棚から引きずり出して聴く、お気に入りのアルバムの一枚です。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« ELPの本質は、このアルバムに | トップページ | 分類不可能な「ポップ・ロック」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/23545650

この記事へのトラックバック一覧です: 海につれて行って・・・(^_^):

« ELPの本質は、このアルバムに | トップページ | 分類不可能な「ポップ・ロック」 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ