最近のトラックバック

« Electricジャズ...後を継ぐ者 | トップページ | レッド・ツェッペリン Ⅰ »

2008年9月23日 (火曜日)

ジャズの小径・9月号の更新です

今日は秋分の日。朝〜午前中は肌寒い、半袖よ、さようなら〜、って陽気だったが、午後から一転、夏の名残の日差しが照りつけ、ちょっと蒸し暑い陽気に。変な気候やねえ。でも、夕方には涼しい風が吹き始め、いよいよ秋到来である。

さて、我が、バーチャル音楽喫茶『松和』の「ジャズ・フュージョン館」更新のお知らせです。「ジャズ・フュージョン館」の月次定期更新の名物コーナー「ジャズの小径」の9月号の更新です。今月は23日と、9月号の更新、うっかりしてて、ちょっと遅れました。危ない危ない。

「ジャズの小径」9月号の話題は「フリー・ジャズ」。さて、そもそも「フリー・ジャズ」とは何か。

ジャズの演奏には「ルール(演奏の方法や表現の仕方など)」があります。この「ルール」は、それぞれの時代で、ジャズ界で、ミュージシャンらの多数決によって決められた「ルール」であって、その「ルール」では「自分ならでは表現できない」と主張するミュージシャンが出てくるのは当然だと思います。じゃあ、自分だけの「ルール」を作ってしまおう、ということで、突如、現れたのがフリージャズです。この新しい表現方法は、1960年代、瞬く間にジャズ界に浸透していくのですね。

Free_jazz_1

この「フリー・ジャズ」というジャンルの演奏って、ジャズ初心者の方々には荷が重い、と思っています。ずばり、個人的な意見を言わせていただくと、フリー・ジャズの演奏は、よほどジャズを聴き慣れていないと、聴くのが苦痛以外の何物でもありません。単純に、心のおもむくまま、感じるまま、楽器を吹き鳴らしているとしか、思えないですからね。秩序も何もあったもんじゃない、聴き続けるのが苦痛になる、そんな厄介なジャズのジャンルが「フリー・ジャズ」です。

僕も、ジャズ初心者の時、「フリー・ジャズ」って、さっぱり判りませんでした。ジャズを聴き続けて、10年くらい経ってからですかね、何となく、抵抗なくすんなり聴けるようになったのは・・・・。「フリー・ジャズ」にも、ミュージシャン固有の「ルール」があるんだ、ということが判るようになれば、しめたものなんですが、これがなかなか判らない。

といって、「フリー・ジャズ」というジャンルがある以上、一度は経験しなければならないし、ジャズの達人道を歩もうとすれば避けられない(笑)。ジャズ初心者の方々でも、怖い物見たさで、一度聴いてみたいとも思う(笑)。

で、今回は「フリー・ジャズ」のジャンルの演奏から、入門盤として取っつき易いアルバムを2枚ご紹介します。もちろん、ジャズ初心者の方には「聴くな」とは言いませんが、聴く時は十分、精神状態と体調に気をつけて聴いて下さい(笑)。

バーチャル音楽喫茶『松和』の「ジャズ・フュージョン館」。左をクリックして、是非、遊びに来てみて下さいね〜。秋の装いに衣替えして、お待ちしております m(_ _)m。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 
 

« Electricジャズ...後を継ぐ者 | トップページ | レッド・ツェッペリン Ⅰ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/23960827

この記事へのトラックバック一覧です: ジャズの小径・9月号の更新です:

« Electricジャズ...後を継ぐ者 | トップページ | レッド・ツェッペリン Ⅰ »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ