« 続・ビル・エヴァンスを愛でる一枚 | トップページ | J.D.サウザー、久々の新作です »

2008年9月10日 (水曜日)

このアレンジャーは凄い・4

秋の空気が流れ込み、先週の記録的大雨情報もどこへやら。朝のみならず夜も涼しくなった。我が千葉県北西部地方は「秋」である。涼しくなると、ドッと夏の疲れが出てくる。この2〜3日、体調は良くない。まあ、歳のせいもあるんだけどね〜(笑)。

さて、「このアレンジャーは凄い」のタイトルで、クインシー・ジョーンズをご紹介してきた。『愛のコリーダ』で終わっていたのに気がついて、あと一枚、クインシー・ワールドとして、ご紹介しておきたいアルバムがある。『Back on The Block』(写真左)である。1989年12月のリリース。クインシー・ジョーンズの最大の成果、ピークを示す名盤である。

アメリカン・ルーツ・ミュージックの源流のひとつ、ゴスペルから始まり、アカペラ、ソウル、R&B、フュージョン、ディスコ、ヒップホップ、スクラッチなどなど、アメリカン・ルーツ・ミュージックから、ジャズ、そして、アメリカン・ミュージックの当時最先端の流行まで、この『バック・オン・ザ・ブロック』一枚のアルバムの中に、黒人音楽の全ての要素がギュッと凝縮されている。
 

Back_on_the_block

 
とにかく、その凝縮度といったら並では無い。とにかくのてんこ盛り。どの曲もどの曲も、その完成度といったら、全く隙の無い、完璧なまでのクインシー・ワールド。楽曲、アレンジ、演奏、サウンド、全ての面で完璧な世界。

ジャズから始まって、ジャズの懐の深さ、ジャズの他の音楽要素への柔軟さに着目し、本当の意味での「フュージョン(融合)」を突き詰め、追求し、極めていった結果の「大傑作」アルバムである。

で、このアルバム、あまりに内容が濃すぎて、全編通して聴き通すのは、かなり辛い所業となる。僕は、前半、後半と7曲ずつ分けて聴いている。あまりの完成度の高さ故の話ではあるんだが、「大傑作」アルバムだからといって、愛聴盤になるかと言えば、それは違うんだろう。

ちなみに、クインシー・ジョーンズのアルバムの中で、僕の愛聴盤はと言えばですね〜、そうそう『Sounds...And Stuff Like That!!』やね。今まで何度聴いたか知れない、僕にとってのクインシー・ジョーンズの最高傑作。このアルバムついては、2008年8月 7日のブログをご覧下さいね。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« 続・ビル・エヴァンスを愛でる一枚 | トップページ | J.D.サウザー、久々の新作です »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: このアレンジャーは凄い・4:

« 続・ビル・エヴァンスを愛でる一枚 | トップページ | J.D.サウザー、久々の新作です »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー