最近のトラックバック

« 純ジャズ...後を継ぐ者 | トップページ | ジャズの小径・8月号の更新です »

2008年8月16日 (土曜日)

バイオリン・ジャズはいかが?

ジャズは楽器を選ばない。楽器であれば、その楽器を弾きこなせることが出来れば、どんな楽器でもジャズを演奏できる。例えば、クラシックでは無くてはならない楽器、バイオリンもそう。数が少ないながらも、優れたジャズ・バイオリニストは存在する。

パッと浮かぶのは、ステファン・グラッペリ、ジャン・リュック・ポンティ、そして、寺井尚子。いずれも、バイオリンのバーチュオーソで、卓越したバイオリンのテクニックを基に、優れたジャズ演奏を披露する。

今日、ご紹介するのは、ステファン・グラッペリ。1908年生まれ〜1997年没。ジャズ・ギタリストのジャンゴ・ラインハルトの相方としても知られ、彼と共に「フランス・ホットクラブ五重奏団」を結成し、第二次世界大戦前から晩年まで精力的な演奏活動を続けた。そのグラッペリのアルバムの中で、僕が一番好きなアルバムが『Young Django』(写真左)

Stephane_grappelli_young_django

1979年の作品。パーソネルは、Philip Catherine (g), Stephane Grappelli (vln), Larry Coryell (g), Niels-Henning Orsted-Pedersen (b)。ドラムレス&ピアノレスで、「フランス・ホットクラブ五重奏団」を想起させる編成。ドラムレス&ピアノレスが「粋」である。形式はジプシー系スイング。ギターがリズムとコードのパートを請け負って、グラッペリのバイオリンが縦横無尽に駆け抜ける。

当時71歳のグラッペリの演奏が、とにかく絶品。バイオリン独特の「枯れた味わい」のある音色が、実にしみじみとしていて良い。そして「ノリ」。グラッペリのバイオリンの「ノリ」が凄い。そして、このアルバムは録音が良くて、グラッペリのバイオリンの音が生々しい。

「革命児」と呼ばれたラリー・コリエル、「ヤング・ジャンゴ」と呼ばれたフィリップ・カテリーンのギターが凄い。オベーションの音が生々しく、新しい。そして、ベースのペデルセンのベースが良い。さすがペデルセン、と思わせる、ブンブンというベースの音。スイング感。ドライブ感。

バイオリン・ジャズの楽しむのに、格好の一枚です。ジャズのスイング感、ドライブ感が体験でき、ジャズ初心者の方へも絶対のお勧め。良いアルバムです。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 
 

« 純ジャズ...後を継ぐ者 | トップページ | ジャズの小径・8月号の更新です »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/23023677

この記事へのトラックバック一覧です: バイオリン・ジャズはいかが?:

« 純ジャズ...後を継ぐ者 | トップページ | ジャズの小径・8月号の更新です »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ