« こんなバリサクも良い | トップページ | このアレンジャーは凄い・2 »

2008年8月 6日 (水曜日)

このアレンジャーは凄い

ジャズの楽しみは、それぞれの楽器のミュージシャンの演奏を楽しむ他に、ジャズの演奏をアレンジするいわゆる「アレンジャー」の編曲とその演奏を楽しむという切り口もある。

ジャズのアレンジャーで「このアレンジャーは凄い」と思った最初のアレンジャーは、Quincy Jones(クインシー・ジョーンズ・写真右)。1933年生まれで、1950年代から第一線で活躍を続け、グラミー賞をはじめとする音楽賞を多数受賞。ブラック・ミュージック界最大のプロデューサー&アレンジャーである。

クインシーのアレンジで、最初に感動したアルバムが、Quincy Jones『Walking in Space』(写真左)。1969年の作。時はフュージョン時代の前、まだ、フュージョンという言葉が無く、「クロスオーバー」と呼ばれた時代の、後のフュージョン・ジャズの先駆け的なアレンジ&演奏が聴ける。
 

Walking_in_space

 
どの曲も、とても参考になる、とてもクールなアレンジが施されており、実に聴きごたえのある内容。アメリカン・ルーツ・ミュージックをベースにアレンジが施されているが、アメリカン・ルーツ・ミュージックの中でも、ジャズをベースに、ブラック・ミュージックの中で、ジャズに近いところから、アレンジに取り込んでいる。ジャズをベースに、R&B、ファンク、ソウル・ミュージック、ゴスペルが渾然一体となっており、これぞ、アメリカン・ブラック・ミュージックという雰囲気に仕上がっている。

後のエレクトリック・ジャズ・ビッグ・バンドで使用される、楽器の重ね方、楽器の使い方、音色の使い方、リズムの使い方などのアイデアが、この『Walking in Space』には満載であり、このアルバムが、1970年代のフュージョン演奏、エレクトリック・ジャズ・ビッグ・バンドのアレンジに与えた影響は大きい。

一度聴いたら絶対に忘れない音やコーラスの重ね方、リズムの使い方、ブラスの使い方。クインシー・ジョーンズの個性が、このアルバムのあちらこちらで輝いている。ジャズ・アレンジャーの成果としては白眉の出来だと思います。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« こんなバリサクも良い | トップページ | このアレンジャーは凄い・2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: このアレンジャーは凄い:

« こんなバリサクも良い | トップページ | このアレンジャーは凄い・2 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー