« 涼しい!... 純ジャズだ! | トップページ | 時には「ド」フリー・ジャズ »

2008年8月20日 (水曜日)

アトランティック時代のキース

最近、1960年代後半、キース・ジャレットの初期のリーダー・アルバムを聴いている。初期のリーダー・アルバムは、アトランティック・レーベルからのリリースが多いので、僕は個人的に、この1960年代後半のキースを「アトランティック時代のキース」と呼んでいる。

この1960年代後半のキースは、なかなか複雑なキャラクターをしており、キース独特のボイシングで、キース独特の節回しが楽しめる曲と、フリー・インプロビゼーションをベースとした曲、ピアノとベースとドラムが対等な対話形式の曲などが、ごった煮になって、ひとつのアルバムに入っている。

このキースの初リーダー録音『Life Between the Exit Signs(邦題:人生二つの扉)』もそうである。パーソネルは、Keith Jarrett (p) Charlie Haden (b) Paul Motian (d)。1967年5月の録音。厳密に言えば、このアルバムは、アトランティック・レーベルからのリリースではない。アトランティック・レコードの傍系レーベル「Vortex」からのリリース。
 

Keith_life_between

 
冒頭の「Lisbon Stomp」では、明らかにキース・ジャレットと判るボイシングに感心し、やっぱり、インプロビゼーション部分では、既に「ウィー、ウィー」と唸っているのにも感心し(笑)、でも、途中の展開から複雑かつ難解になるところに、1960年代後半のジャズというものを感じる。う〜ん、混沌とした時代だったんやねえ。

2曲目「Love No 1」では、リリカルで耽美的な演奏に聴き入っていると、いきなり、3曲目の「Love No 2」ではフリー・ジャズに突入する。これは難解。ジャズ初心者には手に余る展開である。4曲目「Everything I Love」以降は、リリカルなピアノとフリーなピアノがごった煮になっていて、実に興味深い。でも、一般的には複雑かつ難解です。

この「アトランティック時代のキース」は、キース・マニアが、キースのピアノ・インプロビゼーションについて、温故知新をするには良いアルバムではあるが、一般のジャズファンには、ちょっと戸惑う内容かもしれない。でも、これが面白いといえば、面白いんですけどね(笑)。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

 

« 涼しい!... 純ジャズだ! | トップページ | 時には「ド」フリー・ジャズ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アトランティック時代のキース:

« 涼しい!... 純ジャズだ! | トップページ | 時には「ド」フリー・ジャズ »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー