Date/Time


2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 追悼・ジョニー・グリフィン | トップページ | このアレンジャーは凄い »

2008年8月 5日 (火曜日)

こんなバリサクも良い

とても蒸し暑い。昨晩、結構、まとまった雨が降ったのに、この蒸し暑さはなんだ。そして今日。東京は、朝10時位から、激しい雷雨。一旦、上がったと思ったら昼過ぎて、14時頃から、またまた、激しい雷雨。ど〜ん、ど〜ん、と雷鳴轟き、土砂降りの雨。これで、涼しくなるかと思ったら、これが「ならない」。激しく蒸し暑いまま。ここは、亜熱帯気候か?

これだけ蒸し暑いと、音楽についても、さっぱりした爽やかな曲が欲しくなる。そういえば、先日、バリサク(バリトン・サックス、以下バリサクと略す)のお話しをした(2008年7月27日のブログ)。バリサクの音って、なんとなく夏の暑い季節に合うと思っているのは僕だけか?

バリサクの「ゴリッゴリッ、ブリブリッ」とした低音が魅力。今日のバリサクは、Sahib Shihab。サヒブ・シハブと読む。サヒブ・シハブは、ジョージア生れながら、ヨーロッパで活躍した、バリトン・サックス&フルート奏者。そして、そのサヒブ・シハブのアルバムは『Seeds』(写真左)。
 

Seeds

 
パーソネルは、Sahib Shihab (bs,fl,vib,bongos), Francy Boland (p),Jimmy Woode (bs),Kenny Clarke (drums) 。クインテットで吹き込んだ作品ということで、サヒブ・シハブの演奏が際だって、すっきり、さっぱりした、抜けの良い、聴きやすい演奏がギッシリ。1969年にドイツで録音した作品。

1969年の録音なので、演奏の雰囲気は、ラテンあり、サンバあり、爽やかなファンキー調あり、と当時の流行を踏襲したムード・ジャズ系です。ムード・ジャズというよりは、もうフュージョンですね、これは。決して、硬派のハード・バップ系、モード系の演奏ではありません。

でも、サヒブ・シハブのバリサクが「ゴリッゴリッ、ブリブリッ」という低音が、ムード・ジャズ系の演奏をグッと引き締めます。ですから、甘さは無いので、さっぱり爽やか、夏に聴きやすく耳に心地良いジャズです。

サヒブ・シハブは、バリサクだけでなく、フルートも吹いていて、これもなかなかの腕前。何故、サックス奏者って、サブ楽器として、フルートを選ぶんかなあ。ナベサダ然り、ルー・タバキン然り、エリック・ドルフィー然り。加えて、サヒブ・シハブは、ヴァイヴも弾いてます。マルチ楽器奏者なんですね〜。

このアルバム、激レア盤だそうで、どうりで今まで聴いたことが無いわけだ。CDでは現在、入手が難しいみたいですが、ダウンロードサイトには、結構、アップされているみたいなので、お聴きになりたい方は、ダウンロードが手っ取り早そうです。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 
 

« 追悼・ジョニー・グリフィン | トップページ | このアレンジャーは凄い »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こんなバリサクも良い:

« 追悼・ジョニー・グリフィン | トップページ | このアレンジャーは凄い »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  

カテゴリー