最近のトラックバック

« このアレンジャーは凄い・3 | トップページ | ちょいと箱根に行ってきました »

2008年8月10日 (日曜日)

夏はユーミン(松任谷由実だよ)

夏になると、必ず思い出して、CDプレイヤーのトレイに載るアルバムがある。Jポップの世界、ニューミュージックの世界では、松任谷由実の『PEARL PIERCE』(写真左)。

1982年6月21日のリリースなので、我がバーチャル音楽喫茶『松和』の「懐かしの70年代館」の範疇からは外れるが、アルバムの中に詰まっている音のテイストは紛れもなく、70年代のJポップ、70年代のユーミン・ワールドを引きずっている。

このアルバムって、僕の中では、絶対に「夏のアルバム」なんですよね。恐らく、5曲目「夕涼み」、6曲目「私のロンサム・タウン」、7曲目「DANG DANG」あたりの曲の雰囲気が「夏」なので、ここら辺の曲の印象から、このアルバムは「夏のアルバム」って感じるのかなあ。

冒頭の「ようこそ輝く時間へ」から2曲目「真珠のピアス」へ続く部分も、夏の季節に聴く雰囲気が一番良い。恐らく、適度にリラックスして、適度に隙間のあるアレンジが夏向きなのかもしれない。
 

Pearl_pierce

 
夕涼み  作詞・作曲/松任谷由実

DAYDREAM 灼けつく午後
水撒きしてはしゃいだ あのガレーヂ
HEY! DREAM ゴムホースで
きみがふと呼び込んだ虹の精

みがいたルーフを金の雲が um... 流れた

窓を開けて 風を入れて
むせるくらい吸い込んだね
二人きりの夕涼みは
二度と来ない季節

STAY DREAM  傾いてく
陽差しの魔法はとてもはかないね
SAY DREAM 願いごとは
叶いそうになったら教えるよ

笑った瞳に細い月が um...映った

濡れた髪と 焼けたうなじ
むせるくらい抱きしめたね
二人きりの夕涼みは
哀しすぎる記憶

窓を開けて 風を入れて
痛いくらい吸い込んだね
濡れた髪と 焼けたうなじ
痛いくらい抱きしめたね
二人きりの夕涼みは
二度と来ない季節

やっぱり、この『PEARL PIERCE』は「夏のアルバム」ですね。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« このアレンジャーは凄い・3 | トップページ | ちょいと箱根に行ってきました »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/22884500

この記事へのトラックバック一覧です: 夏はユーミン(松任谷由実だよ):

« このアレンジャーは凄い・3 | トップページ | ちょいと箱根に行ってきました »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ