« ちょいと箱根に行ってきました | トップページ | バイオリン・ジャズはいかが? »

2008年8月13日 (水曜日)

純ジャズ...後を継ぐ者

世間は「お盆休み」なんですね。往き帰りの通勤電車の空いていること。いつもこんな感じで空いていたら、通勤も楽なのにね。来週から、また元に戻るんだろうけど、今週一杯は空いている通勤電車を楽しむこととしよう。

さて、最近のジャズ界を見渡すと、若手ミュージシャンが伸び悩んでいるように見える。ベテラン・ミュージシャンを60歳〜70歳代だとすると、中堅ミュージシャンは40歳〜50歳代。若手ミュージシャンは、20歳〜30歳代。今のジャズ界は、ベテラン・ミュージシャン〜中堅ミュージシャンが元気で、若手ミュージシャンがどうもいけない。

それでも、期待できる若手ミュージシャンはいるにはいる。トランペットのライアン・カイザーがその一人。ライアン・カイザーは、17歳でモンク・コンペティションに優勝。ミンガス・ビッグ・バンドやリンカーン・センター・ジャズ・オーケストラなどで活躍。メインストリーム・ジャズ一本で勝負する、純ジャズの「後を継ぐ者」の一人である。当ブログでも、約2年前、2006年7月7日のブログで、彼の初リーダーアルバムをご紹介している。
 

Uptown

 
そのライアン・カイザーつながりで、最近の純ジャズの状況を確認できる、実に良い内容のアルバムを見つけた。その名は『The Uptown Quintet / Live In New York』(写真左)。ライアン・カイザーをフューチャーしたアップタウン・クインテットのファンキーなライブ・アルバム。これが、なかなかイケる。

ちなみに、このクインテットのパーソネルは、SPIKE WILNER(p), RYAN KISOR(tp) ,IAN HENDRICKSON-SMITH(as) ,BARAK MORI(b) ,CHARLES RUGGIERO(ds)。

バリバリの若手が演奏する古典的ハード・バップ、それも、ファンキー・ジャズがメイン。音の重ね方、コードの選択、インプロビゼーションの展開など、実に新しくクールで、50年代後半〜60年代前半のハード・バップ&ファンキー・ジャズの焼き直しやコピーでは無い、しっかりと、最新の純ジャズの響きを有した、格好良くて、メロディアスで、楽しさ満載のアルバムです。

カバー曲については、4曲目「SWEET PUMPKIN」、6曲目「BLUE MINOR」を選曲しているのがニクイ。今までの若手で、こんな選曲をするミュージシャンは、なかなかいないぞ。

特に「BLUE MINOR」はニクイ。かのファンキー・ジャズの名盤、Sonny Clarkの『Cool Struttin'』の2曲目。これぞ、ハード・バップ&ファンキー・ジャズの名曲。面白い演奏ですよ。アルトのイアン・ヘンドリクソン=スミスは「端正な崩れのないジャッキー・マクリーン」、ライアン・カイザーは「端正なアート・ファーマー」。バリバリの若手ミュージシャン達が、端正な演奏で、端正なアレンジで料理する。この「端正」な部分を評価するか、気に入るかどうかが、このアルバムが好きになるかならないかの分かれ目でしょう。

他の彼らの自作曲も、しっかりとハード・バップ&ファンキー・ジャズしていて良いです。気持ちの良い、爽やかなハード・バップ&ファンキー・ジャズが満載です。僕は好きですね〜。現在のジャズ界の若手ミュージシャンの心意気が伝わる好盤だと思います。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« ちょいと箱根に行ってきました | トップページ | バイオリン・ジャズはいかが? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 純ジャズ...後を継ぐ者:

« ちょいと箱根に行ってきました | トップページ | バイオリン・ジャズはいかが? »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー