最近のトラックバック

« スタンダードなトリオはいかが | トップページ | こんなバリサクも良い »

2008年8月 3日 (日曜日)

追悼・ジョニー・グリフィン

朝から室温は30度を超え、13時過ぎには、33度超えを記録した、我が千葉県北西部地方。暑い。猛暑、酷暑の類。もう何をする気も起こりません(笑)。

さて、去る7月25日、訃報が舞い込んだ。モダン・ジャズを代表するサックス奏者の一人、ジョニー・グリフィンが、フランス西部の自宅にて亡くなったそうです。1928年生まれだそうなので、ちょうど80歳。モダン・ジャズが確立された、1940年代以降、ビ・バップ期〜ハード・バップ期を現役で経験した、モダン・ジャズの大ベテランでした。

その訃報によると、その日に出演するコンサートの予定のわずか数時間前の死だったらしく、ベテランらしく、最期まで現役を貫いた、偉大なジャズ・ミュージシャンの一人でした。1960年代前半、ヨーロッパに移住し、グリフィンに関する情報も少なくなり、いつの頃だったか、デンマークの古城を住みかに悠々自適な生活を送っているらしい、なんて情報も伝わってきたりもしましたね〜(笑)。

グリフィンのサックスは、力強くて音が大きくハッキリして、こぶしが効いた節回し、そして、大らかな歌心、そして、早弾きさせたら、それはもう超絶技巧。パッセージを世界最速で吹く男としても名を馳せたこともあります。

グリフィンがニューヨークに出てきた当時(1956年頃)、NYのテナー・サックス界は、若手有望株として、ソニー・ロリンズ、ジョン・コルトレーンが覇を争っていた訳だが、そこに、グリフィンが参入して、当時の評価としては、グリフィン一番、ロリンズ二番、コルトレーン三番の序列。
 

Johnny_griffin_introducing

 
確かに、NYに出てきての最初のリーダー・アルバム『Introducing Johnny Griffin』(写真左)を聴くと、2枚目のリーダー・アルバムながら、既に、スタイル、ブロウィング共に完成されていて、その内容たるや、他を寄せ付けない完成度があります。

日本では何故か人気が無かったですね。フリーに走り、ジャズに苦悩と苦闘を求め、スピリチュアルな雰囲気で偶像化されたコルトレーン。そのコルトレーンとは、全く正反対のキャラクター設定(本能のおもむくまま、歌心優先のブロウ)を押し付けたれたロリンズ。

日本では、このコルトレーン対ロリンズの図式で、テナー・サックスの世界が語られることが多かったんで、NYでは、この2人より評価の高かったグリフィンが、全く日本では無視された格好になった上に、先ほど書いたように、1960年代以降は、ヨーロッパに移住しちゃったんで、日本に、余計に情報が入ってこなくなって、まったくマイナーな扱いになったんでしょうね。

でも、僕は、ジョニー・グリフィンのテナー・ブロウが好きでした。確かに、コルトレーン、ロリンズより、ハード・バップなブロウは、グリフィンが圧倒的に抜きんでていて、ハード・バップなブロウを心から楽しみたい時は、絶対にグリフィンでした。とにかく、コルトレーン、ロリンズに比べて、安定感と歌心が違う。そして、グリフィンの「こぶし」の効いた癖のあるブロウが「たまらない」。この「こぶし」の効いた癖にはまると、グリフィンにドップリです(笑)。

惜しいテナー・マンを亡くしました。モダン・ジャズが確立された、1940年代以降、ビ・バップ期〜ハード・バップ期を現役で経験した、モダン・ジャズの大ベテランがまた一人、鬼籍に入ったことになり、実に寂しい限りです。なんか、学生時代から聴き親しんできたベテランが、一人一人と鬼籍に入っていくのは、結構、精神的にこたえる年頃になりました(微笑)。しみじみしてしまいます。ご冥福をお祈りいたします。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

保存

« スタンダードなトリオはいかが | トップページ | こんなバリサクも良い »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/22750929

この記事へのトラックバック一覧です: 追悼・ジョニー・グリフィン:

« スタンダードなトリオはいかが | トップページ | こんなバリサクも良い »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ