最近のトラックバック

« Yes Songs Side E & Side F | トップページ | 『Kind Of Blue』50周年限定盤 »

2008年8月29日 (金曜日)

CTIレーベルは面白い

フュージョン全盛時代と言われる1970年代。そのフュージョン時代の代表的なレーベルがCTIレーベル。ヴァーヴ時代、クロスオーバー・ジャズ、ムード・ジャズのプロデュースで名を馳せたクリード・テイラーがプロデューサー。

ということで、CTIレーベルって、フュージョン・ジャズばかりが「てんこ盛り」かと思いきや、一枚一枚、CTIレーベルのアルバムを聴いてみると、意外や意外、フュージョン・ジャズ的演奏の中に、結構硬派なメインストリーム・ジャズの雰囲気が、そこはかとなく漂ったりしているから面白い。

今日、ご紹介する「TAMBA4」もそのひとつ。ピアニスト&作曲家のルイス・エサ、ベース&フルート&ヴォーカルのベベート、ドラムのエルシオ・ミリートの3人で結成された「TAMBA3」。このアルバムはドラムがルーベンス・オアーナに替わり、ギタリストにドリオが参加していた「TAMBA4」時代の作品。

この「TAMBA4」の『We and the Sea(二人と海)』(写真左)は、ボサ・ノヴァ最高のコンボと評される「TAMBA4」のCTIシリーズ第1弾にして、彼らにとって米国デビューを飾った記念すべき作品。

Tamba4_we_sea

中心人物であるルイス・エサはクラッシック出身。構成のガッチリした、実に硬派な、クラシックの視点を交えた新しいボサノバの解釈が個性的で、実に美しくハードなアルバムに仕上がっています。その統制の取れたアンサンブルは美しく、ダイナミックな音使いはオーケストラを聴いているかのようです。

エキサイティングな演奏を見せるジャズボッサの名曲『CONSOLATION』、『CHANT OF OSSANHA』、BEBETOが歌う『FLOWER GIRL』、ROBERTO MENESCALの名曲『WE AND THE SEA』。

その他の曲も、実にハードなラテン・ジャズ、ボサノバ・ジャズ。凡庸なフュージョン演奏にありがちな耳当たりの良さ、聴き心地の良さ、甘いムードは微塵もありません。このアルバムでの「TAMBA4」の演奏は、これはもうメインストリーム・ジャズ、といって良いほど、とてもハードで硬派な演奏です。

CTIレーベルからのリリースだからと言ってスルーするしてはいけません。CTIレーベルのアルバムの中には、1970年代、フュージョン全盛時代に、綿々と息づくメインストリーム・ジャズを感じることができる、内容の優れたアルバムが多々あります。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。


« Yes Songs Side E & Side F | トップページ | 『Kind Of Blue』50周年限定盤 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/23337932

この記事へのトラックバック一覧です: CTIレーベルは面白い:

« Yes Songs Side E & Side F | トップページ | 『Kind Of Blue』50周年限定盤 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ