最近のトラックバック

« バイオリン・ジャズはいかが? | トップページ | 涼しい!... 純ジャズだ! »

2008年8月17日 (日曜日)

ジャズの小径・8月号の更新です

今年の夏は猛暑。先週、ちょっと涼しくなったが、先週の半ばには、また元の「酷暑」状態に戻った。しかし、昨日の2度に渡る「かなりド派手な夕立」により、今朝の千葉県北西部地方は肌寒い。

ちょっと雨がパラパラしたりのあいにくの天気ではあるが、かなり涼しい。22度しか無い。やっと暑さも一息である。中部地方以西の地方は、まだまだ「酷暑」が続いているみたいですね。残暑お見舞い申し上げます。秋の気配を感じるまで、もうちょっとです。頑張りましょう。

さて、仮想ジャズ喫茶サイトである、我がバーチャル音楽喫茶『松和』。今日は「ジャズ・フュージョン館」内の、1ヶ月に1回更新の月刊ページ「ジャズの小径」の8月号アップのお知らせです。

Bariton_sax_matsuwa

特集は「バリトン・サックスのジャズ」。ジャズは楽器を選ばない訳ですが、サックスも同様で、サックスには、音程の高い方から順に、「ソプラノ・サックス」「アルト・サックス」「テナー・サックス」「バリトン・サックス」と大きく分けて4種類のサックスがあります。

バリトン・サックスは「でかい、重い、値段が高いのに音は低い」、簡単に言うとそんな楽器。略して「バリサク」と呼ばれることが多い。でも、このバリサク、ゴリッゴリッ、ブリブリッとした低音が素晴らしいのなんのって。僕が、初めて、バリトン・サックスのジャズに出会ったのは、ブルーノートの諸作にサイド・マンとして顔を出しているペッパー・アダムス。

バリトン・サックス奏者と言えば、ペッパー・アダムス、サヒブ・シハブ、ジェリー・マリガンが浮かびますが、「ジャズの小径」の8月号では、私、松和のマスターの推薦盤として、ペッパー・アダムスとサヒブ・シハブのアルバムを、一枚ずつご紹介しています。以前、このブログでご紹介したアルバム記事の再掲ですが、バックナンバー的にアップしました。

バリサク、ゴリッゴリッ、ブリブリッとした低音が魅力な「バリサク」。特にジャズでは、ビッグ・
バンドのサックスのアンサンブルやソロでめっちゃ目立ってます。是非、一度、我が、バーチャル音楽喫茶『松和』の「ジャズ・フュージョン館」(ここをクリック)にお越し下さい。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。 
  
 

« バイオリン・ジャズはいかが? | トップページ | 涼しい!... 純ジャズだ! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/23044754

この記事へのトラックバック一覧です: ジャズの小径・8月号の更新です:

« バイオリン・ジャズはいかが? | トップページ | 涼しい!... 純ジャズだ! »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ