最近のトラックバック

« Lincoln Center Jazz Orchestra | トップページ | ボサノバ・ジャズの古典 »

2008年7月 5日 (土曜日)

夏はボサノバ、再び!!

暑い〜。蒸し暑い。東京で31.4度。昨晩から湿度がかなり高いので、とにかく蒸し暑い。ちょっと買い物に近くのスーパーまで歩いていると、汗が吹き出てくる。一昨日あたりまで、涼しかったのになあ。これだけ急に夏真っ盛りの蒸し暑さになると、体にこたえる。

とにかく暑いので、もうハードなジャズやフュージョンは聴けない。暑苦しくてイライラするだけだ。そう、夏は、夏のこの蒸し暑い季節には「ボサノバ」である。「夏はボサノバ」である。ということで、ボサノバといえば、スタン・ゲッツ。久しぶりに『ゲッツ/ジルベルト』(写真左)を出してくる。

Bossa Novaを世界に知らしめた、記念碑的なアルバムである。パーソネルは、Stan Getz(ts)、João Gilberto(g, vo)、Antonio Carlos Jobim(p)、Tommy Wiliams(b)、Milton Banana(ds)、Astrud Gilberto(vo)。ジルベルトって、ギターとボーカル担当のジョアン・ジルベルトとボーカル担当のアストラッド・ジルベルト、二人の姓です。ジョアンは男性、アストラッドは女性、そう、この二人は当時、夫婦であった。

ジョアン・ジルベルトは、ボサノヴァというジャンルを創成した功労者、生みの親。ジョアンを『ボサノヴァの神』などと呼ぶ人もいる位です。逆に、アストラッドはプロの歌手では無かった。しかし、当時、ヴァーヴのプロデューサーだったクリード・テイラーが彼女の歌声に目をつけ、彼女が英語で歌う「イパネマの娘」をレコーディングする。これがアメリカを中心に大ヒットするんだから、運命なんて良く判らない。その後、程なく、二人は離婚している。
 

Getz_gilberto

 
で、この『ゲッツ/ジルベルト』、ジョアンはうるさくてしかたがなかったらしいが、スタン・ゲッツのテナーの音色が、ボサノヴァに実にマッチしている。確かに、ちょっと音量的にうるさいんだけど、ジャズ・テナーの名手なんだから仕方が無い。大きく太い音をだしてなんぼ、ってところがあるからなあ。

ゲッツとジョアンの音楽的確執、アストラッドのやや下手で危げなボーカル。ゲッツのテナーの録音バランスの悪さ、収録時間の短さ(トータルで33分ちょっとしかない)、ということからすると、過去から言われているほど、名盤では無いと思うが、いかがだろう。

しかしながら、本来のボサノバというジャンルの雰囲気にマッチしているのかどうかは別として、このアルバムでのゲットのテナーは結構いけている。好調に吹き上げているのが良く判るし、結構、どの曲も好き勝手に吹いているフシがある。この『ゲッツ/ジルベルト』は、ボサノヴァのアルバムではないでしょうね。このアルバムは、ジャズのアルバムです。

ジャズに、ボサノヴァという音楽ジャンルを取り込んで、そのテイストを織り込んだ、という感じでしょうか。決して、ボサノヴァのアルバムにジャズ・テナーが客演とした参加したというステータスのアルバムではありません。ですから、このアルバムをもってして、ボサノバってこういう音楽を言うのか、というふうに理解することは間違いでしょう。

でも、ジョアン&アストラッドの脱力感溢れるボーカルは、そこはかとなくテンションが張っていて、実に心地良い。ジョアンのギターとアントニオ・カルロス・ジョビンのピアノについては、さりげなく伴奏していながら、ポイント、ポイントで、明確な主張を持った音を入れてくるところが実にニクい。ボサノヴァの演奏家達は、隅に置けない、優秀な音楽家であることを、このアルバムは証明している。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« Lincoln Center Jazz Orchestra | トップページ | ボサノバ・ジャズの古典 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/22094986

この記事へのトラックバック一覧です: 夏はボサノバ、再び!!:

« Lincoln Center Jazz Orchestra | トップページ | ボサノバ・ジャズの古典 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ