« ビートルズ「青の時代」 | トップページ | 続・飲み会の後は「中島みゆき」 »

2008年7月23日 (水曜日)

酷暑に、端正なハード・バップを

朝からとんでもない蒸し暑さ。加えて、昨晩はちょっと飲み過ぎて「二日酔い気味」。拭いても拭いても汗が出てくる。二日酔い気味の体に、この蒸し暑さは大変こたえる。でも、働かんと給料貰えんしなあ(笑)。そうそう、昨晩はそういうことで、ブログはお休みしました m(_ _)m。

さて、これだけ暑くなると、ジャズなんて聴きたくなくなるのでは、と思うのだが、長年ジャズを聴いていると、自分の中にしっかりと、酷暑の環境に向いたジャズがあるものだ。酷暑に、フリーや複雑なジャズは駄目。まずは「ボサノバ・ジャズ」、そして、もう一つは「端正な絵に描いたようなハード・バップ」。

今日は「端正な絵に描いたようなハード・バップ」である。暑い夏に、時々、引っ張り出してきては耳を傾ける渋いアルバムがある。ブルーノートの1530番『Jutta Hipp With Zoot Sims』(写真左)。
 

Jutta_hipp_zoot

 
評論家レナード・フェザーの強力な後押しでブルーノートに紹介されたドイツ人女性ピアニスト、Jutta Hipp(ユタ・ヒップ)。この1530番は、西海岸のテナー最高峰、絵に描いたようなハード・バップ・テナー奏者、Zoot Sims(ズート・シムズ)と組んだクインテット盤。パーソネルは、Jerry Lloyd (tp) Zoot Sims (ts) Jutta Hipp (p) Ahmed Abdul-Malik (b) Ed Thigpen (d)。

ユタのピアノは、ドイツのジャズシーンでレニー・トリスターノの影響を受け、クールジャズ的な演奏。しっかりとしたタッチ、ちょっと角張ってコロコロするシングル・トーンの右手が実に端正。ビ・バップ的なピアノ・スタイルとは明らかに一線を画した、知的でクールなピアノ。しかし、パッと聴いて、ユタのピアノと判る位では無い、まだ個性が確立されていない、発展途上のユタのスタイル。魅力的な個性ゆえ、このアルバムを最後に、ジャズ・シーンから姿を消したことが残念である。

ズートのテナーは言わずもがな。素晴らしいハード・バップ・テナー。その名演が2曲目の「Violets for Your Furs(コートにすみれを)」。ジョン・コルトレーン、JRモンテローズと並ぶ、素晴らしいズートのブロウ。そして、バックに、知的でクールなユタが、奥ゆかしく寄り添う。良い雰囲気です。当時、マイルスが惚れたアーマッド・ジャマル的なシンプル・ピアノ。う〜ん、ユタとマイルスの競演って、どうだろう。

良いアルバムです。ファンキー・ジャズの様に熱気過剰にならず。ユタの知的でクール・ジャズ的な端正なピアノは冷静。そして、ズートも決してむやみに熱くならず、クールにテナーを吹き上げていく。酷暑の季節にも、十分、エアコン無しに聴けるハード・バップ盤です(笑)。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信して下さい。
 

« ビートルズ「青の時代」 | トップページ | 続・飲み会の後は「中島みゆき」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 酷暑に、端正なハード・バップを:

« ビートルズ「青の時代」 | トップページ | 続・飲み会の後は「中島みゆき」 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー