« アート・ブレイキー、晩年の快進撃 | トップページ | 暑い日には、熱いジャズ »

2008年7月13日 (日曜日)

アート・ブレイキー晩年のピーク

アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャース3連発である。1980年あたりから、純ジャズ、メインストリーム・ジャズ復権の動きの中で、ジャズ・メッセンジャースは、従来の、当時のジャズ界の若手有望株をメンバーに繰り入れつつ、若手有望株を伝統的なジャズで鍛えるという、若手ミュージシャンの登竜門、「ジャズ道場」的な役割を取り戻していった。

では、1980年以降、どの時代のメンバー構成が、晩年のジャズ・メッセンジャースとしてピークだったのか、アート・ブレイキーの晩年としてのピークだったのか、である。

1981年〜1982年の頃、マルサリス兄弟が参加した頃も良いが、僕は、1984年〜1985年の頃、Terence Blanchard (tp),Donald Harrison (as),Jean Toussaint (ts),Mulgrew Miller (p),Lonnie Plaxico (b),Art Blakey (ds)の編成の頃がいちばん充実していたと思っている。

その時代の演奏の記録はまずまず揃っている。過去、このブログでもご紹介した(2007年5月23日のブログ参照)『Art Blakey And The Jazz Messengers Live At Sweet Basil』が良い音を出している。

収録曲も、ジャズ・メッセンジャースのトレードマーク的な名曲「Blues March」「Moanin'」が入っていて、この古典的ファンキー・ジャズの名曲を、1985年、当時の若手有望ミュージシャン達が、最先端の音で、新しい表現で、新しいアプローチで演奏する。心地良いテンション。心地良い疾走感。
 

New_years_eve

 
このメンバーに Tim Williams (tb)を加えて、7人編成で録音したライブ・アルバムが『New Year's Eve At Sweet Basil』(写真左)。収録された演奏曲がマニアックになり、トロンボーンの参加で、フロントが4管となって、相当に分厚くなった。その分厚さのまま、最先端の音で、新しい表現で、新しいアプローチで演奏する。圧巻である。最先端のハード・バップ。迫力の展開。ファンキー満載。

ジャケットも『Art Blakey And The Jazz Messengers Live At Sweet Basil』と対になっており、デザインをそのままに色違い=「赤」基調というところがオシャレ。

この『New Year's Eve At Sweet Basil』は、日本盤はとっくに廃盤になっており、手に入らない時期が続いた。で、最近、フッと思い立って、検索してみたら、US盤でリイシューされているではないか。いや〜、まめに定期的に検索はかけてみるものである。フフフッ、当然、即ゲットである。

やっとCDで手に入れた。手にして、即トレイに載せて聴いてみる。いきなり、分厚いフロント4管の音が、耳に押し寄せる。これこれこれ。ジャズ・メッセンジャースって、これだよ。正統なハード・バップ、怒濤のハード・バップ。バックで煽るブレイキーのドラム。これぞ、ハード・バップ。ハード・バップ、ここに極まり、である。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信して下さい。
 

« アート・ブレイキー、晩年の快進撃 | トップページ | 暑い日には、熱いジャズ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アート・ブレイキー晩年のピーク:

« アート・ブレイキー、晩年の快進撃 | トップページ | 暑い日には、熱いジャズ »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  

カテゴリー