最近のトラックバック

« ビートルズ「赤の時代」 | トップページ | 酷暑に、端正なハード・バップを »

2008年7月21日 (月曜日)

ビートルズ「青の時代」

昨日ほどではないが暑い。ちょとバテ気味で体調がよろしくない。今日は一日ゴロゴロしている。やっぱり、この蒸し暑さは体にこたえるなあ。

さて、昨日は、ビートルズの「赤の時代」の話題だった。「赤の時代」があれば「青の時代」があるだろう、ということで、今日は、ビートルズ「青の時代」の話題を。

「赤の時代」があるんだから、当然、マニアご用達の雑誌で、「レコード・コレクターズ」と「大人のロック」から「青の時代」関連の書籍が出ている。「大人のロック」では、別冊で「大人のロック! 特別編集 ザ・ビートルズ1967-1970 青の時代の真実 (日経BPムック) 」(写真右)がリリースされている。

それから「レコード・コレクターズ」からは、先月の7月号に続いて、「2008年8月号」(写真左)で、ビートルズの「青の時代」のベストな50曲をレココレ・ランキングで決定するという特集を組んでいる。「青の時代」の各アルバム(ベストアルバム含)に収録されている全ての曲を対象にランキングする訳である。

「青の時代」とは、ライブ活動を停止し、レコーディングに専念した1967年から1970年。細かく言うと、1967年2月の『Penny Lane / Strawberry Fields Forever』のシングルから、1970年5月のLP『Let It Be』までを指します。

Beatles_blue

この時代は、レコーディングの機材、技術の進歩と相まって、後の時代に影響を与える「レコーディングの妙」中心の楽曲がズラーッと並びます。その「レコーディングの妙」に従って、シュールな、サイケディックな、プログレッシブな曲や詩が多くなり、「はやり歌」の世界から「アーティスティック」な世界へと一気にシフトしています。一聴して、「赤の時代」のシンプルなロックンロールの世界に比べると、遙かに難解で複雑な曲が多く、哲学的ですらあります。

さて、ちなみに、僕の「青の時代」のベスト5は、

1位「Strawberry Fields Forever」
2位「Across The Universe」
3位「Something」
4位「All You Need Is Love」
5位「Here Comes The Sun」

かなあ。さすがに、「赤の時代」に比べて、圧倒的に「青の時代」が好きな僕にとっては、5曲は辛いなあ。あと「Lucy In The Sky With Diamonds」や「Magical Mystery Tour」「Penny Lane」「Come Together」「Let It Be」などが浮かびます。

レココレみてると、さすが評論家の方々、ホワイト・アルバムからの選曲が目立ちますね。まあ、ビートルズへのマニア度の尺度は、ホワイト・アルバムに如何に精通しているか、によるらしいですから(笑)。

ちなみに僕はホワイト・アルバムはあまり好きでは無いです。ジャズでいうと「アウトテイク」レベルの楽曲がほとんどですし、アルバム全体の統一性が無い。これなら、それぞれの個人名義でソロ・アルバムとして、それぞれリリースした方が良かったと思っています。グループ活動の傍らで、ソロ・アルバムを出すことに、まだまだ抵抗感が強かった時代の産物だと思っています。

でも、個人的には、ビートルズへは、中学時代に青盤から入った経緯を考えると、今回のレココレ8月号の特集は、感慨深いものがありますね〜。ランクインした楽曲の解説を読んでいると、頭の中にその音が自然と流れてきます(笑)。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信して下さい。
 
 

« ビートルズ「赤の時代」 | トップページ | 酷暑に、端正なハード・バップを »

コメント

酷暑、お見舞い申し上げます。
昨日わが街ではついに36度越え!!
あぁ、いやだいやだ・・・

さて、「赤」と「青」、楽しく拝見いたしました。
ベスト5って、ほんとにファンには難しい!
あたしは・・・うぅん・・・
「赤」:
1.I'm only sleeping
2.Anna
3.And your bird can sing
4.Taxman
5.Here, there and everywhere

「青」:
1.While my guitar gently weeps
2.Penny lane
3.She's leaving home
4.Across the universe
5.Don't let me down

うぅん、なんかめっちゃマイナー・・・
多分毎日ベスト5は変わるからなぁ~
今日はこんな感じです。ふふっ

ひとみちゃん、酷暑お見舞い申し上げます。
酷暑でバテバテの松和のマスターです。
 
しかし、極端なランキングやなあ(笑)。

赤のベスト5のうち、3位以外は、全部「REVOLVER」
からやないか? しかも、青のベスト5のうち、2、
3,5位はポールの曲やないか。そういえば、赤の5位
もポールの曲や。

ということは、赤青併せて、10曲中、4曲がポール
の曲。やっぱり、結局は、ひとみちゃんはポールが
好きや、ってことやね〜。 

あれっ、リンゴがボーカルとった曲が1曲もランクイン
しておらんぞ。ええんか?(笑)。
 

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/22449925

この記事へのトラックバック一覧です: ビートルズ「青の時代」:

» 「Here Comes The Sun」 [やさしいThe Beatles入門]
「Here Comes The Sun」は、ジョージ・ハリスンが、1日アップルと [続きを読む]

« ビートルズ「赤の時代」 | トップページ | 酷暑に、端正なハード・バップを »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ