« 夏は「ラテン・ジャズ」 | トップページ | サザン・ロックな夏の夜 »

2008年7月30日 (水曜日)

やっぱ、夏は「ボサノバ・ジャズ」

昨晩の東京、凄い雷雨だったらしいですね。だったらしい、というのは、2年ぶりに再会した先輩と夜7時くらいから飲み始めて、雨が降ってきた、という店のおねーさんの話を聞いて、止むまで飲むか、ということで、腰を据えて夜中の11時過ぎまで飲んでいたので、昨晩の雷雨の記憶は全く無い。当然、山手線、京浜東北線が落雷で止まっていたことすら知らない。実に幸せな飲み会であった(笑)。

ということで、昨晩のブログはお休みとしました。なんか、このブログを休むときは、必ず飲みに行って夜中に帰るというパターン。でも、昨晩の様に、楽しい飲み会は、良い気分転換、良いストレス発散になって、止めろってったって、止められない(笑)。

さて、一昨日ご紹介したロン・カーター(b・写真右)の新盤が出た。ジャズ・ベースのベテラン中のベテラン、ロン・カーターの最新作は、ボサ・ノヴァとジャズがテーマ。題して『ジャズ&ボッサ』(写真左)。触れ込みは「ボサ・ノヴァ誕生50周年記念作品」。そうか、ボサ・ノヴァも早50年の歴史を重ねたのか。

Ron_jazz_bossa

題名が『ジャズ&ボッサ』。ジャズが先にきているところが良い。一昨日、このブログに書いた様に、ボサノバやラテン音楽のエッセンスを踏襲しつつ、しっかりとジャズのフォーマットで消化して、ジャズをベースとしつつ、ジャズのフォーマットを基本とした「ボサノバ・ジャズ」、「ラテン・ジャズ」でないとジャズではない、というのが僕の持論。

そういう意味で、この『ジャズ&ボッサ』は紛れもない「ボサノバ・ジャズ」である。モーダルでクール、純ジャズど真ん中、メインストリーム・ジャズとしての「ボサノバ・ジャズ」が展開される。緩急自在、繊細かつ抑揚の効いた、実に素敵な純ジャズが展開される。

ロンのオリジナルにはボサ・ノヴァ調の良い曲が多々あり、今回も5曲のボサ・ノヴァ調のオリジナルが収録されていて、その出来も良い。オープニングの「ソルト・ソング」は、ミルトン・ナシメントの隠れた名曲。8曲目は、ジョビンの名曲「Wave」。ラストは、ロンのオリジナルの名曲「サウダージ」の再演。

良い演奏です。蒸し暑い夏、やっぱ「ボサノバ・ジャズ」が良い。特に今年のような酷暑の夏に「ボサノバ・ジャズ」はよく似合う、というか、聴いていても疲れないし、ビール片手に聴くと、ほんと、どっぷりとリラックスできます。最近、ヘビー・ローテーションになっていて、僕の今年の暑気払い的なジャズ・アルバムです。
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 
 
 

« 夏は「ラテン・ジャズ」 | トップページ | サザン・ロックな夏の夜 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やっぱ、夏は「ボサノバ・ジャズ」:

« 夏は「ラテン・ジャズ」 | トップページ | サザン・ロックな夏の夜 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー