« 「ジャズの小径」7月の更新です。 | トップページ | ビートルズ「青の時代」 »

2008年7月20日 (日曜日)

ビートルズ「赤の時代」

暑い。猛暑である。梅雨明けて「猛暑」。それでも、我が千葉県北西部地方、海が近い地域は、早朝と夜は東風になると、ちょっと涼しい風になって凌ぎやすくなる。19時のニュースを見ていると、西日本は猛暑ですねえ。暑中お見舞い申し上げます。

さて、最近、なぜかは判らないが、密かにビートルズが流行っている。僕たちの年齢以上で、CDのコレクションをしているマニアご用達の雑誌で、「レコード・コレクターズ」と「大人のロック」がある。このところ、ビートルズづいていて、「大人のロック」では、別冊で「大人のロック!特別編集 ザ・ビートルズ1962-1966「赤の時代」の衝撃 (日経BPムック) 」(写真右)がリリースされている。

ビートルズ「赤の時代」とは、デビュー・アルバムの『PLEASE PLEASE ME』から『REVOLVER』までの全7枚の時代とされる。僕は、この「赤の時代」で一番好きなアルバムは『RUBBER SOUL』。A面一曲目「Drive My Car」のイントロを聴いただけでワクワクする。2番目に好きなのは『REVOLVER』。ラストの「Tomorrow Never Knows」を聴くと、今でもゾクゾクする。

Beatles_red

「レコード・コレクターズ」の2008年7月号は、なかなか面白い特集を組んでいる。その特集とは、ビートルズの「赤の時代」のベストな50曲をレココレ・ランキングで決定するというもの。「赤の時代」の各アルバム(ベストアルバム含)に収録されている全ての曲を対象にランキングするんか〜。

ちなみに、僕の「赤の時代」のベスト5は、

1位「Ticket To Ride」
2位「In My Life」
3位「Tomorrow Never Knows」
4位「Help」
5位「All My Loving」

ちなみに、「Ticket To Ride」のレココレのランキングは、27位。「In My Life」は、6位。「Tomorrow Never Knows」は、3位。「Help」は、2位。「All My Loving」は、35位。

「Please Please Me」「With The Beatles」の時代の「もろロックンロール」的な楽曲については、どうしても荒さと古さを感じてしまって、高校時代から「ちょっと苦手」で、どうしても、その時代の楽曲には、ランク的に辛口になってしまう。

ビートルズ「赤の時代」。僕にとって一番の至福の聴き方は、『RUBBER SOUL』から『REVOLVER』を続けての一気聴き。冒頭「Drive My Car」でシビれ、ラストの「Tomorrow Never Knows」でゾクゾクする。途中「In My Life」でしみじみし、「Good Day Sunshine」で元気を充電。「赤の時代」のこの2枚は、永遠の名盤である。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信して下さい。
 
 
 


« 「ジャズの小径」7月の更新です。 | トップページ | ビートルズ「青の時代」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビートルズ「赤の時代」:

« 「ジャズの小径」7月の更新です。 | トップページ | ビートルズ「青の時代」 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー