« 開き直ってバリトン・サックス | トップページ | やっぱ、夏は「ボサノバ・ジャズ」 »

2008年7月28日 (月曜日)

夏は「ラテン・ジャズ」

夏はボサノバ。ジャズでいうなら、夏は「ボサノバ・ジャズ」、夏は「ラテン・ジャズ」。といって、ボサノバやラテン音楽に迎合するジャズは好きじゃ無い。ボサノバをやるなら、ボサノバのプロに勝る者無し、ラテンやるなら、ラテン音楽のプロに勝る者無し。

つまり、ボサノバやラテン音楽のエッセンスを踏襲しつつ、しっかりとジャズのフォーマットで消化して、ジャズをベースとしつつ、ジャズのフォーマットを基本とした「ボサノバ・ジャズ」、「ラテン・ジャズ」でないとジャズではない、というのが僕の持論。

そういう意味で、このところ良く聴くようになった、ロン・カーター(b・写真右)の『When Skies Are Grey』(写真左)が実に良い。『オルフェ』に続くボサノバ・アルバムということだが、全体を通して聴くと、ボサノバ・アルバムというよりは、ボサノバを含むラテン・ジャズって感じ。

しっかりと、ジャズのフォーマットで消化して、ジャズをベースとしつつ、ジャズのフォーマットを基本としているところが、聴いていて実に潔い。どの曲もどの演奏も、モーダルで、クールなジャズである。現代ジャズの先端を行く演奏が実に心地良い。
 

When_skies_are_grey

 
ドラムにハーヴィ・メイソンを迎えたことにより、多彩なドラミングが印象的。そして、若手ピアニスト(当時)、スティーブン・スコットが素晴らしい。近年のロン・カーターは、晩年のレイ・ブラウン(b)のように、有能な若手や優れた中堅どころ、脂ののった職人芸的なベテランを配して、「ジャズを極めるようなパフォーマンスをプロデュースする立場」に徹していて、その成果は確かなものがある。

ロン自身のベースも、フュージョン時代の様に、アタッチメントをつけて、ベースの音を増幅することも無く、ベースのピッチも結構合っていたりして、聴き応えがあるものになった。録音技術の進歩もあるんだろうが、ロンのベースが、やっと彼の実力通りの「音」になったことが好ましい。

全体として、ゆったりとしながらも、テンションの高い、ハイレベルのプレイが楽しめます。ハイレベルだからといって難しくない、耳に心地良い、ジャズの醍醐味が判りやすい演奏が良いですね〜。

ボサノバやラテン音楽に迎合するジャズではない、ボサノバやラテン音楽のエッセンスを踏襲しつつ、しっかりとジャズのフォーマットで消化して、ジャズをベースとしつつ、ジャズのフォーマットを基本とした「ボサノバ・ジャズ」、「ラテン・ジャズ」がここにあります。良いアルバムです。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« 開き直ってバリトン・サックス | トップページ | やっぱ、夏は「ボサノバ・ジャズ」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏は「ラテン・ジャズ」:

« 開き直ってバリトン・サックス | トップページ | やっぱ、夏は「ボサノバ・ジャズ」 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー