最近のトラックバック

« ポールのライブを「もう一丁!」 | トップページ | トミフラと言えば「Overseas」 »

2008年6月14日 (土曜日)

カウント・ベイシーのピアノ

岩手・宮城内陸地震については、お見舞い申し上げます。私の住むところは、千葉県北西部地方で、結構、地震の多いところです。朝、なんかユラユラするなあ、と思って、最初は立ちくらみか、眩暈か、と思っていたんですが、横揺れが激しくなって、いやいや、これは地震だと気がつきました。

ゆったりとした揺れ方から、震源地は近くない、これはちょっと遠方の震源やなあ、とぼんやり考えながら、テレビを見ると、ちょうど、岩手、宮城、山形、秋田の県境を震源とするM7.2の地震であることを速報していました。

時間が経つにつれ、その被害の内容が明らかになっていきます。震源に近い、栗原、一関に大きな被害が出ていることが判ります。一関といえば、有名なジャズ喫茶「ベイシー」があります。ジャズ喫茶「ベイシー」は大丈夫なのでしょうか。とにかく、被害にあわれた地方の方々には、改めて、お見舞い申し上げます。

さて、一関の「ベイシー」を安否を気にしていたら、そのジャズ喫茶名の由来となった、ジャズ・ビッグバンドのリーダー&ピアニストである、カウント・ベイシーをふと思い出した。

カウント・ベイシーは、ジャズ・ビッグ・バンドのリーダーとして有名だが、裏技として、ピアニストとしても、「知る人ぞ知る・マニアご用達・玄人好み」のピアノ・トリオのアルバムを幾枚か、リリースしている。

Basie_for_the_first_time

その一枚が『For the First Time』(写真左)。ベイシーのピアノは、とても特徴がある。まず、とにかく音数が少ない。必要最低限の音数しかかけない。聴けば直ぐ判る。スカスカである(笑)。でも、しっかりとスイングしているのだ。しかもブルージーな雰囲気が底をしっかりと流れる。これが面白い。音数は少なくても、左手とリズム感が抜群で、実にスイング感溢れ、そこはかとなくブルージーなジャズ・ピアノを披露してくれる。

加えて、僕の密やかな楽しみとしては、ベイシーのオルガン。ファッツ・ウォーラーに教わったというスタイルらしく、ロングトーンを活かした、ディープで、ブルージーな雰囲気で聴かせるスタイルが粋で、実に味わい深い。ジャズ・オルガンの巨匠、ジミー・スミスとは全く違うスタイルで最初は戸惑いますが、何回も聴き重ねるにつけ、その味わいがジンワリと染みてきます。

パーソネルは、レイ・ブラウン(b)、ルイ・ベルソン(ds)という名手たちで固められて、1974年5月22日の録音。1974年と言えば、ジャズの世界ではフュージョン全盛期に向かう頃。そんな電気楽器の台頭の中、こんなに玄人好みの渋いピアノ・トリオが録音され、リリースされていたことに、ジャズという音楽ジャンルの懐の深さを改めて感じます。

スタイルとしては、完璧にスイング・ピアノなのですが、その音数の少なさと効果的な音の使い方、独特なスイング感とリズム感は、カウント・ベイシーのワン・アンド・オンリーなもので、最新のモダン・ジャズ・ピアノも太刀打ち出来ない、ジャズの真髄の一つがここにあります。ジャズは「スタイル」では無いことをベイシーは教えてくれます。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« ポールのライブを「もう一丁!」 | トップページ | トミフラと言えば「Overseas」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/21624515

この記事へのトラックバック一覧です: カウント・ベイシーのピアノ:

« ポールのライブを「もう一丁!」 | トップページ | トミフラと言えば「Overseas」 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ