最近のトラックバック

« オールマンズ、再び... | トップページ | ジャズ・オルガンの「ベース」 »

2008年6月30日 (月曜日)

ノンビリ、ホンワカなジャズ

鋭く切れ込むような、テンション高く、スカッとするジャズも良いが、このジメジメする梅雨の頃から真夏にかけては、ちょっと暑苦しく感じることがある。そんな時は、ノンビリ、ホンワカ、まん丸なジャズが聴きたくなる。

ノンビリ、ホンワカな、まん丸なジャズ。僕は時々、アート・ファーマーが、フリューゲルホルンで吹き通したアルバムを取り出しては、バーボン片手に、本を読みながら、ゆったりした気分で聴き流す。

フリューゲルホルン(下の写真)とは、外観はコルネットに似るが、より管の内径が太い金管楽器の一種。音色は、トランペット、コルネットと比較して、「より太く」「より豊かで暗く」「甘く美しい」。コルネットと同程度には機敏と言われるが、速いパッセージは苦しい。また、使用するマウスピースの深さから、高音域の演奏はより難しいとされる。

Flugel

このフリューゲルホルンの特性を活かした、ノンビリ、ホンワカ、まん丸なジャズ・アルバム。今日、聴いたアルバムは、アート・ファーマーの『Interaction』(写真下左)。1963年7月の録音。パーソネルは、Art Farmer (flh) Jim Hall (g) Steve Swallow (b) Walter Perkins (ds) 。

このアルバム、結構、巷では評判が悪かったりする。「下手くそ」「凡庸」などとバッサリ切るジャズ愛好家の方もいる。でも、僕は、このファーマーの、まったりとした、ホンワカ、まん丸なフリューゲルホルンの音色が癖になって、このアルバムは、時々、取り出しては聴いている。
 

Art_farmer_interaction

 
冒頭の「The Days Of Wine And Roses(酒とバラの日々)」や、3曲目の「My Little Suede Shoes」等のスタンダードで、ファーマーのフリューゲルホルンが良い味を出している。ファーマーのフリューゲルホルンの音色が、まったり、ホンワカ、まん丸で、ノンビリした音色なので、なんだか下手くそに感じるが、音程はしっかりしており、結構、端正なアドリブを繰り広げている。

注目すべきは、ジム・ホールのギターで、まったりとした、まん丸な音色でありながら、テンションの高い、テクニック溢れるハード・バップ・ギターを聴かせてくれる。このアルバムでは、意外にホールが弾きまくっていて、繰り返し聴いていると、ジンワリ〜ジンワリと、ホールのギターが染みてくる。

ウォルター・パーキンスのドラムも、繊細かつ柔軟、テクニカルで小粋で小技の効いた、パーカション的なドラミングを効かせてくれる。スティーブ・スワローのベースが効いている。まったり、ホンワカ、まん丸で、ノンビリした雰囲気の演奏の中で、しっかりとビートを効かせて、演奏のボトムを支えている。

僕はこのアルバムが好きです。まったり、ノンビリ、ホンワカ、まん丸なジャズ。時には、こんなジャズも良い。特に、この季節になると、時々、引っ張り出しては聴きたくなる。僕にとっては、そんな不思議な魅力を持ったアルバムです。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 
 
 

« オールマンズ、再び... | トップページ | ジャズ・オルガンの「ベース」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/21991566

この記事へのトラックバック一覧です: ノンビリ、ホンワカなジャズ:

« オールマンズ、再び... | トップページ | ジャズ・オルガンの「ベース」 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ