最近のトラックバック

« 典雅なピアノ・トリオ.... | トップページ | このシルバーは上級者向け.... »

2008年6月24日 (火曜日)

Mr.ファンキー「Horace Silver」

「脳の疲れ」を取るには、音楽が良い。僕にとっては、柔らかで優しい、それでいて、ちょっぴり心地良い刺激のあるジャズが良い。そして、なんとなく疲れが取れてきたら、今度は、ジャズの王道、典型的なハード・バップの演奏を聴くのが良い。それも、判りやすくて、ノリの良い、ミッド・テンポのファンキー・ジャズが良い。

典型的なハード・バップ&ファンキー・ジャズ。多くあるハード・バップの名盤、その中の一枚が『Horace Silver and the Jazz Messengers』(写真左)、ブルーノートの1518番。このアルバムは、ファンキー・ジャズの原点と言われる。パーソネルは、Kenny Dorham (tp) Hank Mobley (ts) Horace Silver (p) Doug Watkins (b) Art Blakey (d)。

録音した当時、1954年当時は「ファンキー・ジャズ」という言葉は無かったと思う。恐らく、当時、このアルバムの演奏は、ジャズの最先端、最も「クール」な演奏内容だったのだろう。ブルージーでありながら、決して暗くならず、マイナーでありながら、ポジティブな音の響き。黒人音楽独特の粘りと踊るようなビート感。この雰囲気が、当時一番「クール」な響きだったのだろう。

6曲目の「Hankerin'」がハンクの作曲以外、他の曲は全て、シルバーの作曲。この響きは、きっと作曲者のシルバーと録音メンバー達が、知恵を絞り、考えに考えて、工夫に工夫を重ねて、この響きになったんだろう。とにかく、音の重ね方、音の響き、音の雰囲気、音の回し方、どれをとっても、既に、後に「ファンキー・ジャズ」と呼ばれる特徴を十二分に備えている。
 

Horace_silver_jm

 
ファンキー・ジャズといえば、何となく、判りやすくて俗っぽい感じがするんだが、このアルバムでの演奏は、決して俗っぽくない。俗っぽいどころか、アーティスティックな香りすらする、高尚な世界。ジャズが芸術である、ということを思い出させてくれるような、素晴らしい演奏。どの曲も素晴らしい演奏。ハード・バップのショーケースである。

トランペットのドーハムが溌剌としていて、テクニックも申し分無く、「ドーハムってこんなに巧かったっけ」と嬉しくなる。モブレーのテナーもダイナミックで、「モブレーってこんなに雄々しかったっけ」と嬉しくなる。シルバーのピアノは実にファンキーで、ブレイキーのドラムは申し分無い。おっとっと、ワトキンスのベースもファンキーだ。

このアルバムには、シルバー最初のヒット曲「The Preacher」が収録されている。テーマが実にキャッチャーで旋律が追いやすく、口ずさめる名旋律である。僕には、「線路は続くよどこまでも」と「権兵衛さんの赤ちゃんが風邪ひいた」とがミックスされたような旋律に聴こえて、実にユーモラス。ヒットしたのは良く判る。とにかく、判りやすくて、ノリの良い、絵に描いたようなファンキー・ジャズの名曲である。

この「The Preacher」について、エピソードをひとつ。ブルーノートの総帥、プロデューサーのアルフレッド・ライオンは、どうしてもこの「The Preacher」が、いまいち俗っぽくて好きになれない。もう少しアーティスティックであっても良いのではないか。それでも、この「The Preacher」はヒットした。当然、当時弱小レーベルだったブルーノートの台所が潤った。自転車操業が一息つき、腰を据えて、アルバムを作る環境が出来上がった。そういう意味では、「The Preacher」という曲は、ブルーノートからみれば、孝行息子的なヒット曲ということになる。

それでも、アルフレッド・ライオン、晩年、インタビューに応えて一言、「今でもあの曲(The Preacher)は、corny(新鮮味のない, 陳腐な、感傷的な, の意)だと思っている」。う〜ん、ジャズの歴史にその名を残す名プロデューサー、アルフレッド・ライオンの面目躍如である。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 
 
 

« 典雅なピアノ・トリオ.... | トップページ | このシルバーは上級者向け.... »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/21863745

この記事へのトラックバック一覧です: Mr.ファンキー「Horace Silver」:

« 典雅なピアノ・トリオ.... | トップページ | このシルバーは上級者向け.... »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ