最近のトラックバック

« 天使の歌声...Angel Clare | トップページ | ライブ・イン・ロシア »

2008年5月25日 (日曜日)

「ロシアの子守唄」の名演は...

ジャズのスタンダードで、「ロシア」にちなんだ曲はあるのか、と問われて、パッと浮かぶのが「ロシアの子守唄」。その代表的演奏と言えば、恐らく、ジャズ・ファンの大多数が、ジョン・コルトレーンの『ソウルトレーン』でのLP時代B面のラスト、超絶技巧な高速シーツ・オブ・サウンドで吹きまくる「ロシアの子守唄(Russian Lullaby)」を挙げるでしょうね。

でも、このコルトレーンの「ロシアの子守唄」は、あまりにアグレッシブな演奏で、とてもとても「子守唄」って感じではありません。とにかく、高速テクニックで、音符を敷き詰めた様に、吹きまくる世界ですから、情緒も感傷もあったもんじゃないです(笑)。

では、他に「ロシアの子守唄」を楽しめるアルバムはあるのか。僕は、ビック・ディッケンソンの『Vic Dickenson Showcase』(写真左)の「ロシアの子守唄」をお勧めします。冒頭の1曲目「ロシアの子守唄」で幕が開きます。

ヴィック・ディッケンソンは、オハイオ出身のジャズのトロンボーン奏者。肉声に近いニュアンスの音と豪快なソロが特徴です。もともと、トロンボーンの音は肉声に近い音と言われ、まるで話をしているようなニュアンスの音が楽しい楽器です。ジャズのジャンル分けでは「中間派ジャズ」というジャンルに分類されています。

Vic_dickenson

「中間派ジャズ」とは、40年代前半のスイング末期から50~60年代のモダンジャズ黄金期までの過渡期に、黒人スイング系ジャズメンを中心に行われたジャムセッション形式のコンボ演奏をいいます。あくまでスイング感を残しながら、アドリブ演奏が繰り広げられるのが特徴です。

『Vic Dickenson Showcase』は、ジャズがスィングからモダンに移行しようとしていた時期のジャズを「中間派」という造語をして(大橋巨泉さんが発案者だそうです)一括りにしたスタイルの音楽で、その「中間派ジャズ」の代表的名演として、基本的なコレクションの一枚と評される一枚。ちょっと古いけどVANGUARD盤だから、録音は良いです。1953年12月29日の録音と、1954年11月29日の録音から構成されています。

このアルバムでの「ロシアの子守唄」は、原曲の美しいの旋律をしっかりと受け止め、さすが「中間派」の演奏で、クラリネットやトロンボーンが大活躍。いわんや、ピアノやトランペットも溌剌と演奏しています。さすが、スイング時代を経験して来たミュージシャン達ですね、ビッグバンドの様な分厚い音の重ね方と、楽器の音の一体感が素晴らしいです。

ということで、「ロシアの子守唄」の決定的名演と問われれば、このビック・ディッケンソンの『Vic Dickenson Showcase』の冒頭1曲目の「ロシアの子守唄(Russian Lullaby)」を挙げます。良い雰囲気の古き良き時代のジャズを感じることができます。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(今週は私事都合によりコメントへの返答はできません。来週火曜日以降のお返事となりますので、ご了承下さい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 
 

« 天使の歌声...Angel Clare | トップページ | ライブ・イン・ロシア »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/21158930

この記事へのトラックバック一覧です: 「ロシアの子守唄」の名演は...:

« 天使の歌声...Angel Clare | トップページ | ライブ・イン・ロシア »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ