最近のトラックバック

« 醸し出される妖艶さが魅力 | トップページ | 「ロシアの子守唄」の名演は... »

2008年5月24日 (土曜日)

天使の歌声...Angel Clare

このアルバムの存在を、どれだけの人が覚えているのだろうか。サイモン&ガーファンクル(以下S&Gと略)と言えば、多くの人が「ああ、知っていますよ。明日に架ける橋を歌ったデュオでしょ」という答が返ってくる。

でも、『Angel Clare』と言われて、ピンとくる人はどれだけいるんだろうか。『天使の歌声』という邦題を聞いて、ピンとくる人は、ちょっと確率は多くなるが、どれだけいるのだろうか?

『Angel Clare』とは、サイモン&ガーファンクル解散後、注目を集めるなかでリリースされた、アート・ガーファンクルの1stソロ。1曲目『青春の旅路』、6曲目『友に捧げる讃歌』、7曲目『ひとりぼっちのメリー』っといったヒット曲が収録されたアート・ガーファンクルの初ソロ・アルバムである。

僕は、学生時代、S&Gというと、個人的感覚から言うと、どうしても、ポール・サイモンが胡散臭くて好きになれず、といって、アート・ガーファンクルは、何となく「タカビー」で好きになれず、高校時代、米国ポップス好きからは「S&Gは最高やね〜」と訊かれると、「そうやね〜」と、歯切れの悪い応え方しかできない。

今では、そんな若い時代の印象を除くと、ポール・サイモンのソング・ライティングは素晴らしいし、アート・ガーファンクルのボーカルは実に美しい。

Art_angel_clare

でも、どっちが好きか、と二者択一をせまられたら「アート・ガーファンクル」と答える。S&Gのバンドイメージを形成しているのは、アート・ガーファンクルの美しいボーカルに依るところが大きいと感じているからだ。

よって、僕はこのガーファンクルのファーストアルバム『Angel Clare(天使の歌声)』が好きだ。美しい高音のボーカル。ややビブラートが効果的に響く「はかなさ」。ちょっと鼻にかかったような特徴的な声。

どの曲もガーファンクルのボーカルが映えに映えて、充実感のあるボーカル・アルバムになっている。全編で38分程度という短さが、ちょっと物足りないが、それを差し引いても、このアルバムでの、ガーファンクルの歌声は魅力的だ。

このアルバム、個人的な思い出が多いアルバムである。浪人時代、ロックのアルバムを買わない、と決めてしまった手前、このアルバムが購入できず、このアルバムを持っている友人宅に入り浸った時期があったこと。そして、大学2回生の初夏、大事な人からの音信が途絶えた時、落ち込みながら、ガーファンクルのソロ・アルバムを聴き倒し、さらにどんどん落ち込んでいったこと。

アート・ガーファンクルのソロ・アルバム群は、僕の浪人時代〜大学時代の「幸少なき青春時代」のバックに、ずーっと流れていた、僕にとって特別に大切なアルバム群である。「幸少なき青春時代」なのに、何故「特別に大切」なのかって?

何故って、あの頃の自分は、決して自分の矜持を捨てなかったし、決して、相手を責めることはしなかった。実はそれって、とても個人的には、かなり辛かったけど、ガーファンクルのアルバムが、その他の様々なロックアルバムが、僕の心を支えてくれたからだ。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 
 

« 醸し出される妖艶さが魅力 | トップページ | 「ロシアの子守唄」の名演は... »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/21141961

この記事へのトラックバック一覧です: 天使の歌声...Angel Clare:

« 醸し出される妖艶さが魅力 | トップページ | 「ロシアの子守唄」の名演は... »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ