« さらばシベリア鉄道・その1 | トップページ | ロシアより愛をこめて... »

2008年5月30日 (金曜日)

さらばシベリア鉄道・その2

昨日、太田裕美の「さらばシベリア鉄道」の話をした。その「さらばシベリア鉄道」を作曲したのは、大滝詠一。その作曲した当の本人の大滝詠一も、とあるアルバムで、この「さらばシベリア鉄道」を歌っている。

そのアルバムとは、後にミリオンセラーの売上となり、大ブームとなる、かの大ヒット作品『A LONG VACATION』(写真左)。LP時代B面のラストに収録されている。

もともとは、大滝詠一の方が録音は先とのこと。いきさつとしては、『A LONG VACATION』の製作中に、太田裕美さんが大滝の仕事場に遊びにいったのが、すべての始まりらしいです。

「さらばシベリア鉄道」の詞は松本隆お得意のコール&レスポンス。つまり「木綿のハンカチーフ」や「赤いハイヒール」でおなじみの、前半を女性の心境で語り、後半を男性の心境で返す、という構成になっていた。ということは、太田裕美さんにピッタリ合うのではないか、と薦めてくれたのが、太田裕美バージョン誕生のきっかけらしい。

A_long_v

う〜ん、いい話やなあ。『A LONG VACATION』の製作中に、太田裕美さんが大滝の仕事場に遊びにいった形跡は確かにあって、『A LONG VACATION』の9曲目「FUN×4」の中に、女性の声で「散歩しない?」という台詞が入っていて、これは太田裕美さんの声です。ちなみに「さらばシベリア鉄道」は、この太田裕美の声入り名曲「FUN×4」の後、アルバムのラスト、10曲目です。

さて、大滝詠一バージョンの「さらばシベリア鉄道」ですが、とにかくアレンジがとても素敵です。前奏の出だしのエコーのかけ方が、もう「冬のシベリア」って感じが出てて、雰囲気バッチリです。

ロシア民謡に出てくるような口笛のようなシンセの音の後、アップテンポになり、ソリを引くトナカイに出発の合図のムチの音のような「シャーン」という音を境に、一気にスピードアップし、列車が走って行くようなテンポと音作りになって、ボーカル部に入っていきます。言葉で表現しきれないのが、実にもどかしい。この素晴らしい前奏のアレンジ、一度聴いて下さい。「聴けば判る」。

展開部におけるアレンジも秀逸。タップリとエコーをかけた、大滝版「ウォール・オブ・サウンド(音壁)」が効果的。途中に出てくるギターの響きは、1960年代のグループサウンズを彷彿とさせる。米国ポップスのようで、そうではない、和製米国ポップスのエッセンスが、アレンジとして散りばめられていて、この大滝バージョンの「さらばシベリア鉄道」は、何度聴いても飽きない。

この「さらばシベリア鉄道」で、ミリオンセラーとなり、大ブームとなった、かの大ヒット作品『A LONG VACATION』が終わる。実に余韻を残した、素晴らしいラスト・ソング。僕はこのラスト・ソングの存在だけで、未だに『A LONG VACATION』に首っ丈である(笑)。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(今週は私事都合によりコメントへの返答はできません。来週火曜日以降のお返事となりますので、ご了承下さい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 
 

« さらばシベリア鉄道・その1 | トップページ | ロシアより愛をこめて... »

コメント

>「散歩しない?」

おお!そんなエピソードがっ!

(このアルバム、好きだったんだけど、なんか当時は恥ずかしくて買えず、CDが出てから買ったんです )
  

yuriko*さん、いらっしゃい。松和のマスターです。
 
ちなみに、月に吠える男は「ペガサスの朝」の五十嵐浩晃です。
 
アルバムにクレジットされていないので、当時はマニアの間で
話題になりましたが、今ではネットでは「公然の事実」として、
情報が流布しています。便利になった反面、「神秘性」が無く
なった、というか、複雑な心境です(笑)。
 

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さらばシベリア鉄道・その2:

« さらばシベリア鉄道・その1 | トップページ | ロシアより愛をこめて... »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー