« Complete Bud Powell on Verve | トップページ | 我が愛しのフィービー・スノウ »

2008年4月17日 (木曜日)

ナベサダ・硬派な純ジャズ

またまた雨である。今年の春は雨が多いなあ。特に、関東地方は、この季節、雨が降ると寒くなることが多い。昨日はやっと、会社からの帰り道、最寄りの駅から歩いて帰る道すがら、頬を吹き抜けて風がやっと春らしい柔らかな風やなあ、と感じ入ったばかりなのに・・・。

さて、今朝は何を聴いて会社へ行こうか、と思って、iPodの白いダイヤルをグルグルしていたら、渡辺貞夫に行き当たった。しかも、フュージョンでは無い、純ジャズの渡辺貞夫(愛称ナベサダ)である。

純ジャズの渡辺貞夫、もともと彼は純ジャズの大御所。その傍らでフュージョンもやる、というのが、彼のスタンスなんだが、商売的には、フュージョンの方が売りやすいのか、フュージョンのナベサダの印象だけが先行している感じ。でも、純ジャズのナベサダについては、どのアルバムの良いモノばかり。

今日は久しぶりに『バード・オブ・パラダイス』(写真左)を聴く。このアルバムは愛聴盤で、学生時代から今まで、幾度聴いたか判らない。グレイト・ジャズ・トリオ(The Great Jazz Trio) 〜 ハンク・ジョーンズ(p)、ロン・カーター(b)、トニー・ウイリアムス(ds) 〜 をバックに、縦横無尽にアルト・サックスを吹きまくる。
 

Bird_of_paradise

 
もともと、バード(チャーリー・パーカーの愛称)のフォロワーだった渡辺貞夫。確かに、彼のアルト・サックスの奏法は、バードのそれ。でも、ちょっと違う。パーカーと比べると、ほんのりとロマンが漂い、アルトの音色が若干丸く、アドリブラインはバードのそれより、シンプルで判りやすい。

といって、テクニックに走らない、雰囲気で聴かせるアルト奏者かと思いきや、その印象は間違いで、ジャズとして純ジャズとして、しっかりとしたテクニックと歌心を持ち併せている。しっかりと理論立てて、曲毎にしっかりとした解釈の下、しっかりとアルトを吹き切る。

改めて、この『バード・オブ・パラダイス』を聴くと、ナベサダのアルトの音色、奏法、アドリブ、どれを取っても、素晴らしいことを再認識する。

しかも、バックの「グレイト・ジャズ・トリオ」が良い。特に、トニー・ウイリアムスのドラミングは凄い。超絶技巧なドラミングでフォービートを叩いたらどうなるか。凄いドラミングです。文字では表現できない「聴けば判る」。

ハンク・ジョーンズのピアノはシンプルで、そこはかとなくファンキーで黒く、ロン・カーターのベースは、悪名高き増幅アタッチメントが幅を効かしてはいるが、ピッチはいつもより合っていて、良いベース音を供給する。

この『バード・オブ・パラダイス』、収録されている演奏はどの曲も内容があって素晴らしい。このアルバムを聴く度にいつも思う。純ジャズの渡辺貞夫って素晴らしい。日本人ジャズ最高峰の演奏が聴けます。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

 

保存

« Complete Bud Powell on Verve | トップページ | 我が愛しのフィービー・スノウ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナベサダ・硬派な純ジャズ:

« Complete Bud Powell on Verve | トップページ | 我が愛しのフィービー・スノウ »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー