« 「作曲&アレンジ」が素晴らしい | トップページ | 春爛漫の陽光うららかな一日 »

2008年4月 5日 (土曜日)

春はユーミン(荒井由実だよ)

春ですね。朝の日差しの柔らかさが「春」。でも、北風が少し冷たくて、春本来の暖かさでは無い。どうも、桜が満開になってから、少し花冷え状況が続く、千葉県北西部地方です。

さて、ジャズをずっと聴き続けると、時々、他のジャンルの曲で「息抜き」したくなる。ということで、今日は、ジャズを離れて、70年代のJポップの話題を。

春になると、なぜかユーミンが聴きたくなる時がある。ユーミンといっても、松任谷由実ではない、荒井由実のほうである。ユーミンの荒井由実時代のアルバムは、ファースト・アルバム「ひこうき雲」から、「ミスリム」「コバルト・アワー」「14番目の月」、ベストアルバム「ユーミン・ブランド」。

春風吹いて、春ののどかな日差しの中で、フッと聴きたくなるユーミンは、まずは『コバルト・アワー』(写真左)。ジャケットも、ほんのりとピンク色が入っていて、春らしいと言えば、春らしい。

「卒業写真」「花紀行」という、春の季節の曲が入っている、という記憶が、春になると、この『コバルト・アワー』を思い出させるのかも知れない。
 

Cobalt_hour

 
「卒業写真」といえば、本家ユーミンのバージョンも良いが、僕は、圧倒的に、ハイ・ファイ・セットの「卒業写真」(写真右)が良い。ハイ・ファイ・セットのバージョンの「卒業写真」の前奏が流れるだけで、ウルウルしてしまう。そして、山本潤子さんのボーカルで「悲しい〜、ことが〜あると〜」と入ってくると、もう駄目。胸一杯になって感じ入ってしまう。まあ、それだけ、悪い思い出がいっぱい詰まった思い出の歌だと言うことです(笑)。

出だしの「コバルト・アワー」の調子は、明るくリズミカルで、これから展開される音世界を期待してワクワクする。明るくリズミカルといえば、5曲目の「ルージュの伝言」も実に良い。オールディズの曲調と、歌で歌われる主人公の女性が実に可愛い。ジブリのアニメ映画「魔女の宅急便」のオープニングでも使われましたよね。雰囲気ピッタリでした。

ドラマチックな展開の「航海日誌」の「海」も「春の夜の海」を思い起こさせるし、「少しだけ片想い」も、これからの「恋」を予感させるようなポジティブな明るさに満ちていて、気分は「春」。

7曲目の「CHINESE SOUP」は、季節を問わずの名曲。歌詞もウィットに富み、曲も素晴らしい。9曲目の「雨のステイション」に至っては、これはもう季節は、春を過ぎて梅雨。そして、ラストはなぜか唐突に、なぜ、この『コバルト・アワー』のラストに収録されたのかが未だに判らない「アフリカへ行きたい」で終わる。

でも、やっぱり、アルバム全体を通じて、松任谷正隆のアレンジが秀逸で、細野晴臣、林立夫、鈴木茂のビッグネームが並ぶ「ティン・パン・アレイ」のバック演奏が、実にポジティブで明るくて、ノリが良くて、聴いていて、ワクワクして、ルンルンで、思わず「心でスキップ」状態になるんですよ、このアルバム。

理屈はともかく、春はユーミン(荒井由実)。ふと聴きたくなるアルバムの筆頭は『コバルト・アワー』。今でも時々聴く良いアルバムです。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« 「作曲&アレンジ」が素晴らしい | トップページ | 春爛漫の陽光うららかな一日 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春はユーミン(荒井由実だよ):

« 「作曲&アレンジ」が素晴らしい | トップページ | 春爛漫の陽光うららかな一日 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー