最近のトラックバック

« ボブ・ディラン&ザ・バンド | トップページ | 「洋楽アルバム千枚漬」をゲット »

2008年4月12日 (土曜日)

歌声に惚れたカーリー・サイモン

今日は朝から、まばゆいばかりの春の日差し。やっと「太陽」が帰ってきた、と感じる。昼前からグングン気温が上がって、昼過ぎには20度を越えた。やっと「春たけなわ」って感じなのだが、吹く風はちょっと冷たさが残っていて、欲求不満的な春の一日である。

春といえば、今日、食料品を買いに行って「ふきのとう」を見つけた。しかも、いたみはじめているとかで、破格値での放出。即ゲットである。僕は山菜系が大好き。今日の晩ご飯は「ふきのとうとアンチョビと舞茸のスパゲッティ」と相成った。アクセントに、ししとうとオリーブの実を入れて、和風の味付け、ちょちょいのちょいで出来上がり。これが絶品。「星三つ、いただきました〜」。

さて、3日前に、我が家のMacのメインマシンが壊れて、大変な事態になっている。新しいマシンを買うしかないのだが、新しいOSで、今使っている、かなり古いホームページ編集ソフトが動かないとのことで、ホームページの移行(立て替え)をしなければならない事態に。まあ、ちょうどホームページも9年運営してきて、全面的にリニューアルしたいなあ、と思っていたので、前向きに捉えて、ホームページのリニューアル計画作りに取りかかった。

いろいろとテーマ毎にネットで調査を進めなければならない。今朝はちょっと早起きをして、休みにしては、ちょっと早めの朝食を終えて、ネット調査開始。途中、買い物に出たので中断したが、夕方には、ホームページのリニューアル計画がほぼ出来上がった。来週は、新しいマシンを選定して発注。来週の土日から、約半年をかけて、ホームページの全面リニューアルをする予定です。

Carly_simon_no_secrets

「ながら族」の僕には、ネット調査のバックに音楽は必須。ふと、カーリー・サイモンが聴きたくなった。カーリー・サイモンは、米国NY出身のシンガーソングライター(以下SSWと略す)。1970年代前半のSSWブームの一翼を担った中心人物の一人。明るい動的なイメージから、女性SSWとして、キャロル・キングやジョニ・ミッチェルと並ぶ人気を誇った。

カーリー・サイモンと言えば、僕にとっては、まずは「うつろな愛(You're So Vain) 」。1972年に全米1位の大ヒットとなった名曲である。当時は中学生。深夜ラジオのリクエストで、夜な夜なかかっていて、聴く度に「ええ曲やなあ〜」。バックコーラスに、ローリング・ストーンズのミック・ジャガーが参加したことでも話題になった。この「うつろな愛」が収録されているアルバムが『No Secrets』(写真左)。

良い内容です。各曲ともアレンジが良いし、カーリー・サイモンのボーカルは、張りがあって、ポジティブで、明るくて、やや低音で、ソフトで心地良い。僕は、このカーリー・サイモンの「歌声」に惚れましたね。今でも、アルバムを通して聴くと、素直に良いボーカルやな〜、とポジティブな充実感に包まれます。

でも、このブログを読んでいる方で、カーリー・サイモンの名前を知っている方って、どれだけいるんでしょうか。今の若い方は、おそらく知らないでしょうね。でも、どの時代のアルバムでも「良いものは良い」。このカーリー・サイモンの『No Secrets』は、アメリカンポップスのファンの方には、世代に関係無く、お勧めしたい秀作です。

しかし、突然、我が家のMacのメインマシンが昇天するとは思わなかった。しかし、そこは「まめなA型」、加えて、長年の仕事柄、大事なデータはバックアップを取っていたので、最悪の事態は回避した。皆さん、PCは突然壊れます。大事なデータは必ず、めんどくさくてもバックアップを取っておきましょうね(笑)。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 


« ボブ・ディラン&ザ・バンド | トップページ | 「洋楽アルバム千枚漬」をゲット »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/20186367

この記事へのトラックバック一覧です: 歌声に惚れたカーリー・サイモン:

« ボブ・ディラン&ザ・バンド | トップページ | 「洋楽アルバム千枚漬」をゲット »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ