« 小粋なハンク・トリオに癒される | トップページ | 凛としたビターなアルト... »

2008年4月28日 (月曜日)

不思議な響きのピアノ・トリオ

一昨日からの風邪は、昨日は熱もひいてなんとか快方へ向かいつつあるが、今朝もなんだか体が怠くて、会社へ行こうにも起きられない。よって、今日は出社予定が急遽お休みに。

鼻の調子が良くない。よって、気管支の調子が悪くて咳が出る。咳って疲れる。咳止めを飲んで、午前中はグッスリ寝る。午後は、一昨日よりずっと寝込んでいて、腰が痛くなってきたので、ちょっと起きて音楽を聴く。

今日、聴いたアルバムは、ミッシェル・サルダビーの『ナイト・キャップ』(写真左)。1970年10月30日の録音。メンバーは、リーダーのミッシェル・サダルビー(p)、パーシー・ヒース(b)、コニー・ケイ(ds)。ベースとドラムは、モダン・ジャズ・カルテット(MJQと略す)で活躍の二人である。

ミッシェル・サルダビーは西インド諸島の生まれ。サルダビーのピアノの特徴は、明朗なブルース・フィーリング。彼のブルース表現は、明らかに「ブルース弾いてます」って感じで、誰が聴いても「これってブルースだよね」と言ってしまうような、独特なもの。
 

Michel_sardaby

 
本作のバックをサポートするのは、MJQのリズム陣。特に、パーシー・ヒースのベースは、しっかりと粘っていて、実に心地良いベースの音。コニー・ケイのドラムは、細部に技の入ったパッション溢れる職人芸。

ミッシェル・サダルビーって、不思議な人で、この『ナイト・キャップ』だけが、今でも時折、ジャズ入門書などで紹介され、語られる。他のアルバムも入手は困難。でも、このアルバムは、聴いていて実に心地良い「ブルース・フィーリング」が素晴らしく、時々、思い出したように、CDプレイヤーのトレイに載せては聴いている。

明朗な「ブルース・フィーリング」が特徴の、不思議な響きのピアノ・トリオ。こんなに明快に「ブルース」が響くピアノ・トリオは見当たらない。この『ナイト・キャップ』というアルバム一枚のおかげで「ミッシェル・サダルビー」の名は、我々、ジャズ・ファンの記憶に残っている。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« 小粋なハンク・トリオに癒される | トップページ | 凛としたビターなアルト... »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不思議な響きのピアノ・トリオ:

« 小粋なハンク・トリオに癒される | トップページ | 凛としたビターなアルト... »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー