最近のトラックバック

« 昨日より風邪で伏せっています | トップページ | 凛としたビターなアルト... »

2008年4月28日 (月曜日)

不思議な響きのピアノ・トリオ

一昨日からの風邪は、昨日は熱もひいてなんとか快方へ向かいつつあるが、今朝もなんだか体が怠くて、会社へ行こうにも起きられない。よって、今日は出社予定が急遽お休みに。

鼻の調子が良くない。よって、気管支の調子が悪くて咳が出る。咳って疲れる。咳止めを飲んで、午前中はグッスリ寝る。午後は、一昨日よりずっと寝込んでいて、腰が痛くなってきたので、ちょっと起きて音楽を聴く。

今日、聴いたアルバムは、ミッシェル・サルダビーの『ナイト・キャップ』(写真左)。1970年10月30日の録音。メンバーは、リーダーのミッシェル・サダルビー(p)、パーシー・ヒース(b)、コニー・ケイ(ds)。ベースとドラムは、モダン・ジャズ・カルテット(MJQと略す)で活躍の二人である。

Michel_sardaby

ミッシェル・サルダビーは西インド諸島の生まれ。サルダビーのピアノの特徴は、明朗なブルース・フィーリング。彼のブルース表現は、明らかに「ブルース弾いてます」って感じで、誰が聴いても「これってブルースだよね」と言ってしまうような、独特なもの。

本作のバックをサポートするのは、MJQのリズム陣。特に、パーシー・ヒースのベースは、しっかりと粘っていて、実に心地良いベースの音。コニー・ケイのドラムは、細部に技の入ったパッション溢れる職人芸。

ミッシェル・サダルビーって、不思議な人で、この『ナイト・キャップ』だけが、今でも時折、ジャズ入門書などで紹介され、語られる。他のアルバムも入手は困難。でも、このアルバムは、聴いていて実に心地良い「ブルース・フィーリング」が素晴らしく、時々、思い出したように、CDプレイヤーのトレイに載せては聴いている。

明朗な「ブルース・フィーリング」が特徴の、不思議な響きのピアノ・トリオ。こんなに明快に「ブルース」が響くピアノ・トリオは見当たらない。この『ナイト・キャップ』というアルバム一枚のおかげで「ミッシェル・サダルビー」の名は、我々、ジャズ・ファンの記憶に残っている。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 
 
 

« 昨日より風邪で伏せっています | トップページ | 凛としたビターなアルト... »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/20630465

この記事へのトラックバック一覧です: 不思議な響きのピアノ・トリオ:

« 昨日より風邪で伏せっています | トップページ | 凛としたビターなアルト... »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ