最近のトラックバック

« 歌声に惚れたカーリー・サイモン | トップページ | 1970年代の渡辺香津美 »

2008年4月13日 (日曜日)

「洋楽アルバム千枚漬」をゲット

昨日は春らしい暖かな陽気だったが、今日は打って変わって「冬の陽気」に逆戻りの千葉県北西部地方。冷たい雨も降って「寒い」。西日本は例年並みの陽気とかで暖かそう。羨ましい。このところ、東京は寒い日、そして雨が多く、4月とはいえ、ちょっと陰湿な日が続いています。

昨日、買い物に出たついでに、本屋を探索したところ、面白い本を見つけた。『洋楽アルバム 千枚漬 20世紀名盤珍盤必聴ガイド1000選 (SHO-PRO BOOKS) 』(写真)である。かまち潤著で、タイトルどおり1000枚の洋楽アルバムの情報・解説・データを凝縮したディスクガイド。

前書きによると、最近、10代~20代の若い世代から、何を聴いたらいいのか分からないという不満を耳にするようになったのが、出版した理由だという。そうなんだよね。最近、若い世代も、70年代ロックに興味があるみたいなんだよな。興味があるんなら、我がバーチャル音楽喫茶『松和』の「懐かしの70年代館」にもお越し下さいな(笑)。

Album_senmaizuke

まあ、この類の本は、最近、沢山でているので、あまり珍しくないのだが、立ち読みして、中身をパラパラ見てみたら、結構、マニア好みのアルバムが出てるじゃないか。単なるアルバム紹介本だったら、ありきたりの他の書籍にも紹介されている有名どころのアルバムを紹介して終わり、ってところだが、この本は、ちょっと違う。「どう考えてみても、このアルバムを選ぶのはマニアやろ」というアルバムが、チョコチョコと入っている。

特に、70年代ロック・ポップスは、名盤といわれる作品から、珍盤といわれるマニアック作品までも網羅しており、充実度が高いです。僕の場合、70年代ロック・ポップスが専門分野なのですが、この本は結構楽しめましたよ。サポートしているジャンルも、ロックだけにとどまらず、ポップス・R&B・オールディーズと幅が広く、R&Bやオールディーズに関しては、僕も疎いので、単純に読んでいて楽しい。

ちょっと、お値段がはるのですが(2,310円)、70年代〜90年代中心のロック&ポップス系のアルバム紹介本としては、内容もまずまずですし、一冊はもっておきたい類の本ですね。

この『洋楽アルバム 千枚漬』を読んでいて、「そうか、そんなアルバムあったなあ、今、CDで流通しているのかなあ」なんてブツが幾枚かあって、しばらくは「ネットでの調査」で楽しめそうです。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 
 

« 歌声に惚れたカーリー・サイモン | トップページ | 1970年代の渡辺香津美 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/20200481

この記事へのトラックバック一覧です: 「洋楽アルバム千枚漬」をゲット:

« 歌声に惚れたカーリー・サイモン | トップページ | 1970年代の渡辺香津美 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ