最近のトラックバック

« ナベサダ・硬派な純ジャズ | トップページ | フィービー・スノウの愛聴盤 »

2008年4月18日 (金曜日)

我が愛しのフィービー・スノウ

昨晩から、結構激しい雨。夜半過ぎには、ざあざあ音をたてて降っていたが、明け方には北風も強まって、ごうごう、ざあざあ、喧しいくらいになって、なんと朝5時過ぎに目が覚めてしまった。

通常なら「おいおい勘弁してくれよな」ってことになるが、今日は「まあ、しゃあないな」。フフッ、今日は仕事はお休み。雨が降ろうが、槍が降ろうが、今朝は通勤しなくていいので、完全な「傍観者」。朝の7時過ぎには、雨風強く、小さな台風が来たような悪天候になったけど、今日は「あ〜、これは皆、大変やなあ」と思いながら、窓の外を眺めるだけ(笑)。

今日の午前中は、強い雨風は治まること無く、ただただ、家の中でゴロゴロ。こんな激しい雨風の日は、暖かい部屋の中で、一気にボックス盤などを聴き通すなど、ゆったりとした音楽に浸りきるに限ると、午前中は、キース・ジャレットのソロ・ピアノ『サンベア・コンサート』一気聴き。1976年の日本公演のライブ、CD6枚組ボックス盤を一気に聴き通す。しみじみとして、なかなかに良い感じである。

午後からは、先週、我がMacの主力機がぶっ壊れて、ついに新機種を発注したので、新機種へ移行する為の準備と調査に明け暮れる。音楽の無い静かな環境での作業は苦手。子供の頃から、完璧な「ながら族」なので、音楽が必要。外は小やみになったとはいえ、まだ雨が続く。

う〜ん、そう、こんな雨の春の午後は「ブルース」である。それも、ライトな現代的な「ブルース」が良い。でも、そんなミュージシャンがいるのか。これがいるんですね。1970年代後半、一世を風靡した、女性ボーカリスト、フィービー・スノウです。

Phoebe_snow_first

フィービー・スノウは、1952年7月、NY生まれ。高校生の頃に、カントリー・ブルースやジャズなどに開眼。1972年半ば、NYのビター・エンドのアマチュア・ナイト・ショーに出た際に認められデビュー。デビュー・アルバムは、1974年6月リリースの『Phoebe Snow』(写真左)。邦題は「サンフランシスコ・ベイ・ブルース/ブルースの妖精フィービ・スノウ」だったと記憶しています。

この『Phoebe Snow』、ジャズ、カントリー、ソウル、ゴスペル、フォークなど、アメリカン・ルーツ・ミュージックの様々な音楽の要素が反映されていて、聴いていて実に楽しい。しかも、そのアメリカン・ルーツ・ミュージックの様々な要素の中で、一番全面に出てくるのがブルース。

オールド・スタイルのブルースのエッセンスがアルバム全編を覆っている、実に落ち着いた、実に渋〜いアルバムである。「San Fracisco Bay Blues」が実に良い味を出していて、この曲が、このアルバム『Phoebe Snow』のアルバム全体の雰囲気を代表しています。

良いフィーリングです。今日のような、春の雨の日にピッタリな、ウェットで感傷的、力強くて繊細な、フィービー・スノウのライトでオシャレな「ポップなブルース感覚」。

数曲でテナー・サックスを吹いているズート・シムズをはじめ、「harpo's Blues」で小粋なピアノを聴かせるテディ・ウィルソン、オルガンで参加のボブ・ジェームス、良いアクセントを添える効果的なパーカッションはラルフ・マクドナルドなど、バック・ミュージシャンもジャズ畑中心に、そうそうたるメンバーで脇を固めています。

フィービー・スノウのやや低音を効かせた、芯が強いが、優しく丸いボーカル、これがヒーリング効果抜群。しばしば、仕事の手を止めて、聴き入ってしまうほどである。

早朝、激しい雨音で叩き起こされたけれど、久しぶりの平日休み。雨を雰囲気を出来る限り楽しむために、選んだ音楽。今日はことごとく当たって、なんだか精神的に充実した平日休みになりました。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 
 

« ナベサダ・硬派な純ジャズ | トップページ | フィービー・スノウの愛聴盤 »

コメント

懐かしいですね、「サンベアコンサート」。
発売当時、レコード買いました。
しかし、レコード故もう20年は聴いてません。
その後「テリーライリー」を聴いた時、何か近いものを感じたんですが。
その確認もあり、聴いてみたいと思うときはあるんですが、如何せんプレイヤーがないので。

ピカビアさん、こんにちは。松和のマスターです。
 
「サンベア・コンサート」は、キース・ジャレットの日本縦断
ソロ・コンサートのライブ盤で、札幌・東京・名古屋・京都・
大阪+アンコールで、構成されており、LP時代は、確か10枚組
と記憶しています。

LP時代の「サンベア・コンサート」と言えば、ラズウエル細木
の漫画に、この「サンベア・コンサート」のLP時代の堅牢な
セットケースが殺人の凶器に使われたという話があったことを
思い出しました(笑)。

CD6枚全て聴き通すと、キースとはいえ、全てが、ベスト
パフォーマンスでは無いということが判ります。しかし、
そこから、優れたインプロビゼーションを生み出す過程での
苦闘・苦難を垣間見ることができて、ドキュメントとしても
優れたライブ盤だと思います。
 

10枚組みでしたか。
自分で買ってたのに忘れていました。
兎に角高かったのは覚えています。
何故買ったのかは、今でも不思議です。
薄れた記憶を紐解くと、当時は「札幌」が好きだったような。
今聴くと、また違うんでしょうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/20357899

この記事へのトラックバック一覧です: 我が愛しのフィービー・スノウ:

« ナベサダ・硬派な純ジャズ | トップページ | フィービー・スノウの愛聴盤 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ