« フィービー・スノウの愛聴盤 | トップページ | 時には新譜を...「西山瞳」 »

2008年4月20日 (日曜日)

正統派でブルージー『JUNIOR』

夕方になって少し日差しが戻ったかに見えたが、それもつかの間のこと。この週末は、ず〜っと、どんより曇り空。しかも、北東の風が肌寒く、とても春とは思えない、我が千葉県北西部地方である。ほんとに天気が悪い。春とは思えない肌寒さである。

今日はうちの嫁はん、従姉妹の結婚式に出席の為、朝早く出かけてしまったので、一日お留守番。ということで、今日は一日、サブマシンMacで新マシンへの移行準備に集中する。そう、まだ「準備」である。

ぶっ壊れたメインMacの代わりを発注したんだが、キーボードをUSキーボード(無料だよ)にして発注したら、カスタマイズ品扱いになって、「出荷しましたメール」の出荷場所を見たら、なんと遠く米国カリフォルニアからの出荷になっていた。ということで、手元に来るのは23日。あ〜あ。

さて、今日も一日天気が悪いし、一日、部屋に閉じこもって、サブマシンMacにて、あれこれ移行準備を進めた訳だが、当然、一日中、バックには音楽が流れている。今日は、ロックはレーナード・スキナードを通し聴き、ジャズは、久しぶりに、ジュニア・マンス(写真右)に耳を傾けた。

僕は、ジャズ初心者の頃から、ジュニア・マンスのピアノが好きだ。派手なパフォーマンスは無いし、ジャズの歴史に燦然と名を連ねるジャズ・ジャイアントでは無いんだが、彼の素朴なピアノがとても好きだ。

マンスのピアノは、素朴、シンプル。一聴しただけでは「どこが良いんだ、このピアノ」と思ってしまうが、じっくり聴き進めると、ブルージーで、そこはかとなく漂う「黒さ」が何とも言えず良い感じで、しかも、テクニックは一級品。長く聴き続けることの出来る、飽きの来ないジャズ・ピアニストの一人である。
 

Junior_mance

 
「トラディショナル・モダン」という言葉がある。アルト・サックス奏者、ジャズ・ジャイアントの一人、キャノンボール・アダレイの口癖だったそうだが、ジャズの伝統をよくわきまえながら、しかも、前向きの姿勢を取って演奏していこう、というジャズ・アプローチの姿勢を言うらしい。そういう意味では、ジュニア・マンスのピアノは「トラディショナル・モダン」。

そのマンスの「トラディショナル・モダン」らしさが出たアルバムが、デビューアルバムのJunior Mance『JUNIOR』(写真左)。ベースがレイ・ブラウン、ドラムがレックス・ハンフリーズのトリオ構成。

まず、印象的なのが、ブラウンのベース。ブンブンブンブンと、思わず「これぞウッド・ベース」と感嘆の声をあげてしまうほどの、実に強烈なウォーキング・ベース。ハンフリーズのドラムは、ラフな音でありながら、しっかりと締まったドラミングで、全体の雰囲気をギュッと引き締める。このブラウンのベースが、ことのほか覚え目出度い『JUNIOR』ではあるが、やはり、主役はマンスだろう。

「当時、既に人気ベーシストであったブラウンは、新人のマンスを見下していた。マンスの意向に関わらず、新人の為に弾くのでは無い、我が道を行くベースを弾いた。ハンフリーズは、それを目の当たりにして、我関せず、自分の仕事に徹した。マンスは、そんな中、淡々とピアノを弾き続けるしかなかった」という無責任な評論があるが、とんでも無いと僕は思う。

マンス、ブラウン。ハンフリーズ、三位一体となったトリオ演奏が、このアルバムの味わいどころ。それぞれの曲の演奏のバランスをみると、ブラウンとハンフリーズは、精一杯、マンスを盛り立てていたと思う。そして、録音のバランスを平等に割り振ったところに、このアルバムの勝因がある。つまり、ミュージシャン達と裏方のプロデューサー+録音陣が一体となって、この名盤がある。

素朴、シンプル、ブルージー、で、そこはかとなく漂う「黒さ」。ジュニア・マンスのピアノは飽きが来ない。これぞ「トラディショナル・モダン」である。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« フィービー・スノウの愛聴盤 | トップページ | 時には新譜を...「西山瞳」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 正統派でブルージー『JUNIOR』:

« フィービー・スノウの愛聴盤 | トップページ | 時には新譜を...「西山瞳」 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー