最近のトラックバック

« 「テオ・マジック」との出会い | トップページ | Prestigeのコルトレーン »

2008年3月13日 (木曜日)

これは絶対、外せない!

「怒る」という作業は、かなりのエネルギーを必要とする。疲れる。「怒る」ことが好きな人はいないだろう。でも、時に「怒る」ことが必要な場面がある。その時は、誠意を持って、精一杯怒る。その人たちが、二度と人の道を外さないように「なにが人として悪かったのか」を心から納得してもらう為に。

しかし、精神的に疲れる。後味も悪い。こんな気持ち悪い状態が明日に尾をひかないように、気分転換、リセットが必要になる。そんな時は、当然、好きな音楽を聴くに限る(なんて単純なんだ・笑)。

Stuff_montreux

2月20日に発売された、伝説のフュージョン・バンド、スタッフの『ライヴ・アット・モントルー1976』(写真左)。これが実に良い。僕はこの、スタッフというバンドが大好き。デビュー盤の「スタッフ!」(写真右)なんぞ、手に入れてから今まで、何百回聴いたか知れない。そのスタッフのライブ音源が突如として発売された(注・先にDVDも発売されている)。

「これは絶対外せない!」と言いながら、実は2月20日発売を失念していた(面目ない)。しかし、amazonを徘徊していて偶然見つけて、即「ポチッ」。なんとラッキーなんだ。つい3日前に手に入れた。しかし、聴いてみて思った。「なんでこんな素晴らしい音源が眠っていたのか」。

このライブ盤は、スタッフがデビュー盤を出す前のライブ。これが実に良い。収録された曲も大半が、他のスタッフのアルバムで聴かれない、ワン・アンド・オンリーの曲。これが実に良い。もう、それは「ノリノリ」のファンキー・フュージョン。スタッフだけが出せるグルーブ感。とても、文字だけでは表現できない。そう「聴けば判る」。

この『ライヴ・アット・モントルー1976』を聴いて、気分は完全にリセット。清々しい気分。今日のあの忌々しい気分も一掃された。なんて単純なんだろう。でも、この単純さが、もしかしたら、僕の「武器」なのかも知れない。最近、なんとなくそう思い始めた。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« 「テオ・マジック」との出会い | トップページ | Prestigeのコルトレーン »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/11292261

この記事へのトラックバック一覧です: これは絶対、外せない!:

« 「テオ・マジック」との出会い | トップページ | Prestigeのコルトレーン »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ