« 温故知新「プログレ」に想う | トップページ | 最近購入した「音楽本」から... »

2008年3月21日 (金曜日)

懐かしの「イエロージャケッツ」

昨日は結局一日雨。風は強く、台風が来たみたいな、大荒れの一日だった。今朝もまだ、どんより曇り空。しかも、北風が強く寒い。なんとなく冬に逆戻り。パラパラ雨も降っていて、夕方までどんより曇り空。これだから、関東の、東京の3月は油断ならん。

でも、夕方から晴れ間が出てきて、最寄りの駅からの帰り道では、薄雲を通して、満月がボンヤリと出ていて、なんとなく美しい。風も弱くなった。もう寒さは長続きしない。

さて、先日、iTunes Storeを徘徊していたら、思わず「おお、懐かしい」と感嘆の声を上げてしまった。1981年に結成されたアメリカのジャズ・フュージョン・グループ「Yellowjackets(イエロージャケッツ)」のファーストアルバムである(写真左)。

Yellowjackets(イエロージャケッツ)とは、スズメバチの意味を持つらしい。ジャケットは、なんともはや、デザインセンスのかけらも無い。確かに、スズメバチの絵はあしらわれているし、ジャケットを覆う模様は蜂の巣のイメージ。でも、このデザインセンスは酷い。このアルバム・ジャケットであれば、ジャケ買いする人は、ほとんどいないだろう。
 

Yellowjackets

 
でも、このアルバムは、この酷いジャケット・デザインとは正反対の、成熟したフュージョン・パフォーマンスが堪能できる、実に優れたアルバムである。このグループは、フュージョン初期〜中期にかけての、ジャズからのスピンアウト組が中心のメンバー構成では無く、初めから、フュージョンバンドを狙って、フュージョンバンドとして一旗揚げようと結成されたバンドである。

R.フェランテ(key)、J.ヘイスリップ(b)、R.フォード(g)といった腕に覚えのある面子が名を連ねる。とりわけ、客演しているR.フォードのギターが凄い。このR.フォードのギターは、ギター好きにはたまらないでしょうね。

どの曲も素晴らしい演奏です。特徴と言えば、そうですね、ジャズからのスピンアウト組が中心のメンバー構成の場合は、ファンキー色、粘りのあるビート、そして、ライブ感溢れるグルーブが特徴なんですが、このイエロージャケッツは違う。

演奏の根底に、静寂さというか冷静さというか、「静けさ」が演奏の根底に横たわっていて、冷静なファンキーさ、冷静なグルーブ感、冷静なビートをバックに、それぞれのメンバーがテクニック溢れる熱い演奏を繰り広げる。「カラッ」とした80年代フュージョンの先駆けといえるでしょう。

良いアルバムに再会した。Rhinoのリイシューだけあって、しっかりとリマスターされている。日本盤はどうなんだろう。素性が確かな分、僕は、US盤、つまり純正Rhino盤をお勧めします。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

保存

« 温故知新「プログレ」に想う | トップページ | 最近購入した「音楽本」から... »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしの「イエロージャケッツ」:

« 温故知新「プログレ」に想う | トップページ | 最近購入した「音楽本」から... »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー