最近のトラックバック

« 「シーツ・オブ・サウンド」って... | トップページ | 「テオ・マジック」との出会い »

2008年3月11日 (火曜日)

テオ・マセロ...ご冥福を祈ります

暖かくなった。今日は朝、うっすらと白い霧の朝。今朝は、もう霜ではなく、じっとりとした露が降りて、軒先から、忙しく雫が滴り落ちている。風は少しヒンヤリするが、身震いする寒さは感じない。なんとなく心地の良い、湿気を含んだ、少しヒンヤリした風。う〜ん、春の到来を感じる。

仕事では、新しい組織となって、いろいろギクシャクしているみたいだが、まあ、子供の派閥争いを見ているようで、この歳になると口出ししようとは思わない。優秀な奴らだから、自発的に、きっと仲良くなる。僕に残された時間は少ない。自分の仕事に集中する。

昨日、小川隆夫さんの「JAZZ blog Keep Swingin'」の、3月9日のブログを拝見してビックリ。あの、マイルス・デイビスのプロデューサーで有名なテオ・マセロが、2月19日に亡くなったそうです。享年82歳。

テオのマイルスのプロデュースの成果は数え切れないほどあります。彼がプロデュースを担当したのは1959年の『スケッチ・オブ・スペイン』から、1983年の『スター・ピープル』まで。特に、エレクトリック・マイルスでの、彼のテープ編集の成果は素晴らしいものばかりです。

Teo

「マイルスは録音するだけだ。やりたいことをやったら、さっさと帰ってしまう。そのままの形では作品にならない。そこで、わたしが彼のイメージを考えながらテープを編集していくんだ」

小川隆夫さんの『愛しのジャズメン 2』で書かれている、テオの印象的な言葉です。マイルスは、その才能と感覚で演奏を録音し、テオのプロデュースと編曲の才能を信頼して、最終的な作品に仕立て上げる作業であるテープ編集を任せたのでしょう。テオはその信頼に最大限に応え、マイルスはその成果を最大限に評価してアルバムとして発表した。ミュージシャンとプロデューサーの最高の信頼関係がここにあります。

僕が、マイルスの作品で、テオのテープ編集の成果が最大限に発揮されているアルバムは『In a Silent Way(イン・ア・サイレント・ウエイ)』だと思います。このアルバムは、テープ編集の妙が最大限に発揮されていて、テオのテープ編集が無かったら、これだけ、劇的で印象的な音世界にはならなかったのではないかと思います。

『In a Silent Way(イン・ア・サイレント・ウエイ)』のキーマンの一人だった、キーボード担当のジョー・ザビヌルは生前、「あのアルバムの音のモチーフは私のものだ。あのアルバムの功績は私の負うところが大きい」なんて言っていたが、とんでもない。

あのアルバムの最大の功績はテオのものだ。テオのプロデュースこそが、大いに評価されるべきもので、『In a Silent Way(イン・ア・サイレント・ウエイ)』でのミュージシャンは、テオにその素材を提供したに過ぎない、とさえ言える位だ。

マイルスは既に鬼籍に入り、今回、テオも鬼籍に入った。でも、マイルスとテオの成果は、アルバムとして、しっかりと残っている。残された僕たちにとってそれは「幸せなこと」であり、マイルスとテオにとっても「幸せなこと」である。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« 「シーツ・オブ・サウンド」って... | トップページ | 「テオ・マジック」との出会い »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/11182262

この記事へのトラックバック一覧です: テオ・マセロ...ご冥福を祈ります:

« 「シーツ・オブ・サウンド」って... | トップページ | 「テオ・マジック」との出会い »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ