最近のトラックバック

« Crusadersの「Standing Tall」 | トップページ | 時には英国ハードロックなど... »

2008年3月27日 (木曜日)

Hymn to Freedom「自由への賛歌」

案の定、昨晩はグループの宴会で、調子に乗って二次会までいって、自宅に帰りついたのが「午前様」。寝付いたのは夜中の一時過ぎ。当然、今日は朝から強烈な「寝不足」(注・二日酔いではない)。

どうも、仕事の調子が良くない。調子が良くないのは僕ではない。とある仕事を依頼したいのだが、どこもかしこも「消極的で、依頼心が強く、責任感が無く、理解力に乏しい」企業ばかり。技術者のレベルはどんどん下がっていく。相手の立場に立った「パートナー」としてのスタンスは無い。サービス業とは名ばかり。いやはや、落ちるところまで落ちてきたなあ。

当然、今日は一日機嫌が悪いし、なんとなく厭世感が漂い、やる気が失せていく。なんとなく面白くないし、ノリが悪い。でも、そんな時、家に帰り着いて、晩ご飯が僕の好物だと、ちょっと元気になる。いや〜、うちのカミさんに感謝、感謝。

晩ご飯が好物で、ちょっと元気になると、聴く音楽も、心から好きなミュージシャンのアルバムを聴きたくなる。そして、心から好きな曲が聴きたくなる。今日は、オスカー・ピーターソンの『Summer Night in Munich』(写真左)。1998年にミュンヘンで行ったライブである。
 

Op_munich

 
ピーターソンは、1993年に脳梗塞で倒れ、歩く事が出来なくなったが、リハビリを重ね、その後、まだ左手が不自由ではあったが再びピアノを弾けるようになった。そんな時代、1998年のライブである。これが「凄い」。このピアノ、本当に、左手が不自由な人のピアノなのか。凄いドライブ感とエモーションである。これだけのドライブ感溢れるジャズ・ピアノを弾けるピアニストが他にどれだけいるのだろうか? ピーターソンは偉大である。

このアルバムでの、ピーターソン・トリオの演奏は申し分ないです。特別にどこがお気に入りかと言えば、僕の大好きな曲、ピーターソン・オリジナルの「Hymn to Freedom(自由への賛歌)」が収録されているところですね。僕は、この「Hymn to Freedom」という曲が大好きです。「Hymn to Freedom」の最初の収録は、ピーターソンの『Night Train』というアルバムのラストでした。

ゆったりとしたテンポで、雄大なスケールの、パワフルで、ドライブ感溢れる、ゴスペル調の「元気の出る曲、勇気の出る曲」。シンプルな出だし、ファンキーさが芳しいアドリブ、そして、クライマックスでの「圧巻」とも言うべきトリル(2本の指で2つの鍵盤を交互に弾いて行う奏法)。「う〜ん、ピアノで、ここまで表現出来るんか〜」と、素直な感動を覚えることのできる名演です。

このミュンヘンでのライブは、テクニックの面では、若かりし頃のピーターソンの演奏と比べるのは酷なのですが、歳をとった演奏の方が深みがあるというか、年輪の重みが滲み出ていて、実に感動的な演奏です。ジャズはテクニックばかりでは無い、ということを、ピーターソンは身をもって教えてくれます。

晩ご飯が僕の好物で、聴く音楽は僕の大のお気に入り。かなり気持ちを滅入らせる、嫌な出来事、嫌な出会いがあった一日だったが、食べ物と音楽の「好物」のおかげで、ちょっと気持ちが明るくなった。僕にとって「食べ物と音楽」は、とても重要な「元気回復の素」です。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

保存

« Crusadersの「Standing Tall」 | トップページ | 時には英国ハードロックなど... »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/11874037

この記事へのトラックバック一覧です: Hymn to Freedom「自由への賛歌」:

« Crusadersの「Standing Tall」 | トップページ | 時には英国ハードロックなど... »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ