最近のトラックバック

« 「まだまだロックキッズ」更新! | トップページ | Hymn to Freedom「自由への賛歌」 »

2008年3月25日 (火曜日)

Crusadersの「Standing Tall」

今朝は、朝刊を取りに外に出てビックリ。霧。濃霧である。100メートル先が見えない。昨日は冬の寒さだったからなあ。暖かい空気が流れ込んで、久しぶりの「霧」。う〜ん、春である。でも、この濃霧の影響で電車が遅れるんだよな〜。でも、自然の力を感じて、なんだか、朝から機嫌が良い(笑)。

さて、昨日、Crusaders(クルセイダーズ)の『Standing Tall(スタンディング・トール)』(写真左)を手に入れた。ヴォーカルを加えポップな作風へ移ってからの1981年の作品。ロック畑のボーカリスト、ジョー・コッカーの起用でも話題となった1枚。

「Standing Tall」は「誇り高く、堂々と生きる」という意味があるそうです。う〜ん、判るなあ。この『Standing Tall』は、実にポジティブな、実に前向きな音作りが特徴の「フュージョン名盤」なんです。とにかく明るい。とにかく前向き。メランコリックな雰囲気やブルージーな雰囲気は皆無。これが実に良い。学生時代の「ながら音楽」のヘビー・ローテーションでした。

卒論の参考文献を読む時、卒論を書く時、疲れて一息つく時、文献読むのが嫌になって小説に逃避する時、この『Standing Tall』がバックで流れていました。とにかく、このアルバムのポジティブ感が良いんですよ。落ち込むことが無い(笑)。

冒頭「Standing Tall」のシンセサイザーの前奏「ピロピロピロピロ」の音を聴くと、今でもワクワク。スマートなシンセサイザーの使い方に惚れ惚れ。3曲目「Sunshine in Your Eyes」、5曲目「Luckenbach, Texas (Back to the Basics of Love)」などは、このアルバムのポジティブ感を支える名曲名演。6曲目「Longest Night」の充実感ある演奏も捨てがたい。
 

Standing_tall

 
そして、極めつけは、ジョー・コッカーの名唱の誉れ高い2曲目の「 I'm So Glad I'm Standing Here Today」。もうこのボーカルは、ジャズでもフュージョンでも無い。ましてやロックでも無い。こりゃ〜、英語で歌った「演歌」。このボーカルはジャンルなど関係無い。僕にとって、感動のボーカルである。

とにかく歌詞が良い。ちょっと落ち込んでいても、この曲を、このボーカルを聴けば、たちどころに元気になる。学生時代、そうだった。今回、久しぶりに聴いても、やっぱり元気になる。襟元を正して、胸を張って、顔を上げて、「よしっ」と気合いが入る。特に2番の歌詞が、学生時代から気に入っていて、何度聴いても感じ入って、しみじみとしてしまう。

If you're lost
In your troubles
And the world just seems to just forget you
If you remember sunshine
Even on your darkest day
Just follow what your heart says
And you'll find your way

Some said I was hopeless
A mind tangled in the night
Oh, but strong hearts just keep goin'
That is why I'm still standing here today

Come together
Raise up your voices
This time my song of love and life won't go away
I'll sing forever
Here in the sunshine
I've lived to see the sun break through the dawn
And I'm so glad to be standing here today

I've lived to see the sun break through the storm
And I'm so glad to be standing here today

(The Crusaders featuring Joe Cocker
「I'm so Glad I'm Standing here Today」より)

演奏もピカイチの内容。ジョー・サンプルのキーボードのセンスは抜群、スティックス・フーパーのドラムはシンプルでありながら「うねるようなノリとビート」を叩き出し、ウィルトン・フェルダーのサックスは「歌うようにファンキー」。優れたアレンジと共に、実に内容のある、スマートでノリの良いフュージョンを聴かせてくれます。

さあ、「I'm so Glad I'm Standing here Today」を聴いて「元気回復」。気力を充電し、さあ、また明日から「知能的格闘の日々」。そうそう、明日は、グループの懇親会(飲み会)ですので、ブログはお休みします(恐らく夜中に家に帰り着くことになりそうだからね〜・笑)。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« 「まだまだロックキッズ」更新! | トップページ | Hymn to Freedom「自由への賛歌」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/11791627

この記事へのトラックバック一覧です: Crusadersの「Standing Tall」:

« 「まだまだロックキッズ」更新! | トップページ | Hymn to Freedom「自由への賛歌」 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ