« 安らぎはピアノ・トリオから... | トップページ | こんな音源が残っていたなんて... »

2008年2月22日 (金曜日)

ジャニスで「気合い」を入れて

風邪は悪い方向に。休みたいけど、休めない。でも、今日は無理して仕事に出て良かった。今まで、1ヶ月ほど、ずっと悩み考えあぐねていたことに、やっと答の方向性を見い出した。久々に爽快感。結構、精神的に辛いけど、これがあるから、今の仕事は止められない(笑)。

風邪が悪化するばかりで、結構、気が滅入る。こんな時は、一発、気合いを入れなおす必要がある。こんな時は、ジャニスだ、ジャニス・ジョプリンだ。ということで、疲れ切った今日の帰りの音楽は『白鳥の歌(原題:Farewell Song・写真左)』、1982年にリリースされた、ジャニスの未発表セッションを集めたレア・テイク集である。

ジャニスが、麻薬のオーバードーズ(多量摂取)で亡くなったのは、1970年。なぜ、12年も経って、このレア・テイク集がリリースされたのかは謎だが、このアルバムは、ジャニスのライブ音源が5曲収録された、彼女の魅力満載のアルバムだ。

Janis_farewell_songs

ジャニスの一番の魅力は、何と言っても「ライブ」である。1960年代後半、録音技術や演奏技術がまだまだ稚拙だった時代、どうしても、スタジオ録音では、バックの演奏がスカスカ、ポコポコで、ボーカルの魅力が全面に出ない。ライブの場合は、ライブ独特の演奏のノリと場の雰囲気があって、その熱気にのって、ボーカルが全面に出てきて、迫力満点。

4曲目に収録されている「ワン・ナイト・スタンド」はイチオシ。プロデュースはトッド・ラングレン。しかも演奏はポール・バタフィールド・ブルース・バンドという豪華な組み合わせ。曲自体の出来も素晴らしい。何度聴いても感動モノのドラマティックなロック・ナンバー。他の曲を見渡せば、「レイズ・ユア・ハンズ」というライブには欠かせない名曲も収録されており、レア・テイク集とは思えないほど、その内容は申し分ない。

ジャニスのボーカルは全9曲。やっぱりジャニスのボーカルは最高だ。う〜ん、ちょっと気合いが入ってきたぞ。

さて、家に帰って晩ご飯食べて、今、テレビでは宮崎駿の「耳をすませば」をやっている。実を言うと、この「耳をすませば」って、かなり好きなんだよな〜。自分の高校〜大学時代にだぶって、その頃の自分を、その頃の自分の気持ちを思い出す(いい歳して、ちょっと青臭いですかね〜)。

何度見ても、好きな場面ではニヤニヤにやけたり、目頭が熱くなってウルウルしたり。なんか「耳をすませば」を見ていて、また、ちょっと気合いが入ってきた。よし、明日は、宮崎駿のアニメの中で、一番好きな「紅の豚」を見て、さらに気合いを入れるとするか(笑)。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« 安らぎはピアノ・トリオから... | トップページ | こんな音源が残っていたなんて... »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャニスで「気合い」を入れて:

« 安らぎはピアノ・トリオから... | トップページ | こんな音源が残っていたなんて... »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー