最近のトラックバック

« ゲイリー・バートンの今... | トップページ | ジャニスで「気合い」を入れて »

2008年2月21日 (木曜日)

安らぎはピアノ・トリオから...

喉が痛い。風邪をひいたらしい。困るなあ。今、結構、仕事がおしてるからなあ。風邪薬とビタミン剤でなんとか凌いでいる。明日会社に行けば、土日は休めるんだが、土曜日は、どうしても散髪に行きたいし、整体にも行きたい。う〜ん、なんか忙しないなあ。

こんな時は、音楽で安らぐのが一番。安らぐ音楽は、僕にとっては、ジャズが一番。それも、一番好きな楽器のピアノ、一番好きなフォーマットのトリオ編成。

今日は、ロジャー・ケラウェイ(Roger Kellaway・写真右)の『Heros』(写真左)を聴いて安らぐ。ピアノ、ベース、ギターのトリオ。今では、ピアノ、ベース、ドラムがピアノ・トリオの標準構成だが、1950年あたりまでは、ピアノ、ベース、ギターがピアノ・トリオの標準構成だった。余談になるが、ピアノ、ベース、ドラムを一般に広めたのは、モダン・ピアノの祖、バド・パウエルである。

さて、ロジャー・ケラウェイであるが、日本ではあまり知られていないジャズ・ピアニストである。1939年11月生まれなので、現在68歳。米国での評価は「ややメジャーなレベル」って感じかなあ。でも、彼のピアノを聴くと、きっと評価したくなる。実にオーソドックスで、実にピアノ・トリオにあったピアニストである。

彼の特徴は、去年の暮れに亡くなった「鍵盤の帝王」オスカー・ピーターソンのフォロワーで、そのテクニックはピーターソン直系(さすがに、テクニック的にはピーターソンの方が絶対的に上だが)。しかし、ピーターソンのタッチに溢れるファンキーな粘りと滲み出るブルージーさは希薄。「溢れるファンキーな粘りと滲み出るブルージーさ」を「ジャジーな黒さ」と表現するなら、ロジャー・ケラウェイは「ジャジーな白さ」。

Roger_kellaway_heros

ピアノ、ベース、ギターのトリオは、最近、ひっそりとリバイバルしている気配。だから「異色の構成」では無い。今回、ロジャー・ケラウェイがこの構成を選択したのは、ピーターソンのフォロワーだからだろう。ピーターソンも当初は、ピアノ、ベース、ギターのトリオから出発して成功を収めている。

『Heros』って、実に良い雰囲気のピアノ・トリオですよ。さすがに、ピーターソンを敬愛しているだけあって「Night Train」「Hymn to Freedom」を収録している(思わず口元が緩む)。「Hymn to Freedom」を収録するなんて、ロジャー・ケラウェイって、絶対にピーターソンのフォロワーだよな、絶対にピーターソンのピアノが好きなんだよな〜、って思う。

ドラムが無くても、ギターもピアノもコード弾きでリズムを刻めるので問題無い。決して、ピアノ、ベース、ギターのトリオ編成は、変わった編成では無いのでご安心を。逆に、元気なリズムを打ち出すドラムが無い分、落ち着いた、小粋なリズムが心地よくて、実に大人の雰囲気満点のピアノ・トリオです。

一曲目の『Killer Joe』から、その落ち着いた雰囲気、小粋なリズムが良い。それでいて、テクニックは申し分なく、演奏も疾走感、爽快感バッチリ。ピアノ、ベース、ギターのトリオ編成も良いなあ、と改めて思いました。そんな思いにさせる、実に説得力のある力演です。

そして、ラストの「Hymn to Freedom(邦題:自由への讃歌)」は感動の名演。ピーターソンの演奏も大感動の名演(アルバム『Night Train』のラストで聴くことが出来る)だが、このロジャー・ケラウェイの演奏も、ピーターソンの名演につぐ内容。実は、この一曲が聴きたくて、この『Heros』を手に入れたんですよね〜 (^_^;)。

ロジャー・ケラウェイの『Heros』、落ち着いた、小粋なピアノ・トリオを聴いて、心が、ちょっと安らいだ。焦ってはいけない。迎合してはいけない。妬んではいけない。「胸を張って、安らかな気持ちで、道のど真ん中を歩く」ということを改めて思い出させてくれました。良いアルバムです。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« ゲイリー・バートンの今... | トップページ | ジャニスで「気合い」を入れて »

コメント

wobblyお風邪ですか・・・。
どうかお大事に。
早く良くなりますようにhospital

yurikoさん、お気遣いありがとう。松和のマスターです。
 
今日、無理して会社に出て行って、午後ず〜っと打合せで
しゃべり詰めで、風邪は最悪の状況になりつつあります(^_^;)。
でも、明日明後日と休みなので、なんとか回復すればと
思ってます。

どうも、子供の頃から喉が弱くて、いけません・・・。
 
 

漢方でしたら・・・・、
喉には「甘草湯」、喉頭の辺りで空咳がコホコホ言うようでしたら「麦門冬湯」が効きます~happy01

小鉢に大根の千切りを盛って、蜂蜜をいっぱいかけて、ラップして一晩置いてから、出てきた大根汁を飲むのも、良く効きます~。

どうぞお大事に~。

yurikoさん、ど〜も。松和のマスターです。

アドバイスありがとう。特に大根汁、やってみたいと
思います。漢方も体に良さそう。
抗生物質ばかり飲んでては体に悪いですよね weep

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/10666768

この記事へのトラックバック一覧です: 安らぎはピアノ・トリオから...:

« ゲイリー・バートンの今... | トップページ | ジャニスで「気合い」を入れて »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ