最近のトラックバック

« 上原ひろみは「要注目」です | トップページ | 祝・忌野清志郎、復活! »

2008年2月 6日 (水曜日)

続・上原ひろみは「要注目」です

今朝は朝から時雨れて、いや〜な予感の水曜日。案の定、お昼頃から東京は雪。夕方一度、雨に変わったので、ホッと一息と思いきや、午後6時過ぎ、帰宅途中にまたまた雪に変わった。

最寄り駅から家に帰る道すがらでは、うっすらと積もりつつあるではないか。まあ、強い雪じゃないので、積もらないとは思うが。積もったら、積もったで、まためんどうだ。今年の冬は、冬らしい冬やなあ。しっかり寒いぞ、特に今日は。

さて、昨日の続き、上原ひろみのことである。彼女のピアノは、チック・コリアから、スパニッシュな感じとメランコリックな雰囲気を差し引いて、クラシカルなピアノの雰囲気を加えた感じの正統派ジャズ・ピアノである。明らかに、チック・コリアのフォロアーであると僕は思うが、といって、チック・コリアのコピーになっていないところが、上原ひろみの素晴らしいところ。

最初、一聴すると「あれっ、チックかな?」と思うのだが、暫く聴き進めると「あれ〜、チックとは違うな〜」って感じなのだ。ピアノ・タッチは、決して強い方では無い。自分の腕力見合いで、ペダルを上手く活用しながら、ゆったりとピアノを鳴らしている感じが、実に心憎い。雰囲気のある、個性のある、良いジャズ・ピアノです。
 

Time_control

 
さて、彼女の現在の最新作である『タイム・コントロール』(写真左)、ギターのデビット・フュージンスキーを迎えて、レギュラー・グループ化。その名も「Hiromi's sonic boom」。その「Hiromi's sonic boom」の第一作、レギュラー・グループ結成の名刺代わりの一枚である。

ピアノとシンセサイザーをベースとしたトリオなので、音の厚みと音の色彩のバリエーションを求めて、ギターを入れたのは大正解。テナーだと、上原ひろみのオリジナル楽曲の場合、ピアノのコードとかち合い、シンセサイザーとかち合うので、良くない。ギターが正解だろう。確かに、良い感じのグループ・サウンズで、ギターの加わった厚みのある演奏に、これからへの期待感が高まる。

でも、ちょっとツッコミを入れさせてもらえるならば、このアプローチって、まるっきしチック・コリアやん。一曲目の「タイム・ディファレンス」を聴いた時、思わず、チック・コリア・エレクトリック・バンドや〜、と思った(笑)。途中、広々としたゆったりとした楽曲の展開の部分は、パット・メセニー・グループや〜、と思った(笑)。

確かに、マルチ・キーボード+エレキギターのジャズって、チックとメセニーが両横綱として君臨しているので、比較されて聴かれるのは仕方が無い。でも、このアルバムを聴く限り問題無いと思います。十分に「Hiromi's sonic boom」の個性は感じられるから心配無い。次のアルバムから、この個性をベースに、どんなサウンドをどんな展開をグループの幹にするか。コンポーザー&アレンジャーの上原ひろみの腕のふるいどころである。期待している。

『タイム・コントロール』、「Hiromi's sonic boom」の試運転的なアルバムですが、内容は良いアルバムです。グループ結成直後の第一作としては、よくまとまっていて、次のアルバムへの飛躍とグループのポテンシャルを感じさせるのに十分な内容です。でも、期待は、次ですよ、次。

さてさて、そうこうしているうちに、サッカーW杯アジア3次予選の初戦、日本対タイ戦が終わった。4対1での勝利であるが、W杯予選の初戦とはいえ、内容的には頭を抱えたくなる内容だった。勝ち点3を稼いだことで、とりあえず良しとするが、フラストレーションの溜まった内容。1997年、フランス大会アジア最終予選の初戦、ウズベキスタン戦のイメージと重なる。ゆめゆめ油断するなかれ。南アフリカへの道はまだまだ険しい。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« 上原ひろみは「要注目」です | トップページ | 祝・忌野清志郎、復活! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/10296427

この記事へのトラックバック一覧です: 続・上原ひろみは「要注目」です:

« 上原ひろみは「要注目」です | トップページ | 祝・忌野清志郎、復活! »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ