« 掘り出し物のトリビュート | トップページ | 密かに「鹿男あをによし」... »

2008年2月 9日 (土曜日)

50年眠っていた「掘り出し物」

朝から、外はどんより曇り空。しかも、しんしんと冷え込んでいる。今晩は雪の予報。先週に引き続きである。まだまだ、北側の屋根やマンションの屋上、北側の日陰などには、先週の雪がまだ残っているのになあ。今年の我が千葉県北西部地方は雪が多い。

ジャズ界では良くある話なんだが、演奏を録音しておいて、何らかの理由でその録音が発売されることなく、いわゆる「お蔵入り」となり、そのまま、紛失〜行き先不明状態となって、何十年後かに、なんらかの拍子に発見されて、日の目を見ることがある。

今回発売の、HORACE SILVER(ホレス・シルバー/p・写真右)の『LIVE AT NEWPORT '58』(写真左)も、その類である。1958年のニューポート・ジャズ・フェスティバルでのライブ音源が、倉庫から奇跡的に極上音質で発掘されたのだ。

1958年のニューポート・ジャズ・フェスティバルと言えば、映画「真夏の夜のジャズ」の舞台となったジャズ・フェスティバルである。映画撮影の時に、同時に録音された音源なんだろうか。しかし、良く見つかったもんだ。しかし、ジャズの世界では、良くあるなあ、この歴史的発掘。まるで、考古学である(笑)
 

 Horace_silver_newport58

 
1950年代後半は、ホレス・シルバー・クインテット黄金期。しかも、僅かな期間しか在籍しなかったLouis Smith(ルイ・スミス/tp)を含むライブ音源は貴重。全4曲ホレスのオリジナルで、ライブならではの白熱した演奏が堪能できる。パーソネルは、LOUIS SMITH(tp), JUNIOR COOK(ジュニア・クック/ts), HORACE SILVER(p), GENE TAYLOR(ジーン・テイラー/b), LOUIS HAYES(ルイ・ヘイズ/ds)のクインテット構成。

最初の一曲目「TIPPIN'」の出だしは、ドラムス、ベース、テナー、ペット、ピアノ皆、バラバラ。「おいおい、ど〜なんの」って感じで、ギクシャクしながらヨタヨタ。でも、曲半ば位から、全体のアンサンブルが合い始め、ほっと一息。

こういう、50年ぶりに発掘された音源って、発売前の事前の触れ込みは凄いんだが、手に入れて聴いてみると「なんだりゃ」的なズッコケ盤もあるので注意が必要。最初の一曲目「TIPPIN'」の出だしのバラバラな演奏を聴いた瞬間は、カスを掴まされたのかと思った(笑)。録音のバランスも音質も良好で、なぜ、この音源が倉庫の中で、50年も眠っていたのかが判らん。

もちろん、お約束の「セニョール・ブルース」も入っている。ヘイズのドラムが意外と鋭く切れ込んでシャープ、ホレスのバッキングは鉄壁、フロントの二人を支える。ジーンのベースは、しっかりとビートを刻む。これだけのリズム隊をバックにして、燃えないフロント(ここではトランペットとテナー)は無い。スミスのペットは事前の僕の予想を遙かに超えて素晴らしく、クックのテナーは相変わらず快調。これぞハード・バップ、と叫びたくなる熱演である。

収録曲数は4曲と最近のCDフォーマットを最大に活かした曲数からすると、ちょっと少なめですが、トータルで45分と、鑑賞するにはちょうど良いと思います。ハード・バップの好きな方には、お勧めです。ライブならではの雰囲気が体感できる、なかなかの佳作だと思います。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« 掘り出し物のトリビュート | トップページ | 密かに「鹿男あをによし」... »

コメント

う。。。。
愛しのホレスの掘り出し音源。
素敵(T_T)。
ジャケットの横顔がちょっとぽっちゃり??

yorikoさん、いらっしゃい。松和のマスターです。

ホレスの50年前のライブ音源が発掘された、というニュースを
聞いた時、ビックリしました。しかも、ニューポートのライブ
ですからね〜。

音も良いし、録音のバランスも良いです。ライブ録音そのままの
未修正の音源なので、ライブならではの演奏上のミスも少しあり
ますが、それも含めて、このライブは、ライブの熱気十分のお宝
音源だと思います
 

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 50年眠っていた「掘り出し物」:

« 掘り出し物のトリビュート | トップページ | 密かに「鹿男あをによし」... »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー