最近のトラックバック

« 矢野沙織『Groovin' High』 | トップページ | オールド・タイム・レディ »

2008年1月16日 (水曜日)

Wah Wah Watsonは「ええなあ〜」

寒いねえ。実に寒い。冬らしい寒さ。朝、起きるのが、ちょっと辛い寒さ。昨年は、暖冬だったので、ちょっと懐かしい寒さ。これがずっと続くと辛いけど、昨日から今日の寒さは、真冬の寒さで懐かしい。

さて、このところ、純ジャズのリスニングが続いたので、ちょっと満腹感。今日の通勤音楽は、フュージョンに走る。例の如く、iPodのホイールをグリグリして「これだ!!」。Wah Wah Watsonの『Elementary』(写真左)である。いや〜、懐かしい。学生時代に聴きまくった一枚である。

しかし、このWah Wahの『Elementary』がCD化されてリイシューされるとは思ってもみなかった。France Sonyは味なコトをやってくれる。しかも、手に入れたルートは、Amazon.jpから、UK盤の入手。何度も言うが、このアルバムが、CDリイシューで手にはいるとは思ってもみなかった。

Wah_wah_watson

Wah Wah Watson(ワー・ワー・ワトソン)はギタリスト。ハービー・ハンコックの『Man-Child』や『Secrets』『V.S.O.P. ~ ニューポートの追想』などで活躍した、ファンクネス&ソウルたっぷりの、いぶし銀のようなギタリスト。

そのワー・ワーの唯一のリーダーアルバムが、この『Elementary』。これ、実に良い。ファンキーでソウルフル&メロウ。リリースされた1976年あたりのフュージョンど真ん中。単なるギタリストではなく、作曲・アレンジ・プロデュース、そしてボーカルに至るまで、彼のアーティストとしての力量を如何なく発揮している。

このアルバム、決してジャズじゃ無いし、インスト中心のテクニカルなフュージョンでも無い。当時流行のソウル・ミュージックとファンクとAORとジャズがごった煮になった、本当の意味での「フュージョン」である。

いや〜、ホントに良い感じのフュージョンアルバムだ。文字でその良さが全く伝わらないのが、もどかしい。聴けば判る。このアルバムは、70年代フュージョン好きの方に、是非聴いていただきたい逸品の一枚である。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« 矢野沙織『Groovin' High』 | トップページ | オールド・タイム・レディ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/9919479

この記事へのトラックバック一覧です: Wah Wah Watsonは「ええなあ〜」:

« 矢野沙織『Groovin' High』 | トップページ | オールド・タイム・レディ »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ