最近のトラックバック

« Wah Wah Watsonは「ええなあ〜」 | トップページ | ミスター・クラリネット »

2008年1月18日 (金曜日)

オールド・タイム・レディ

昨日は急な飲み会が入り、午前様でしたので、ブログはお休みさせていただきました m(_ _)m。結構、飲んだんだけど、楽しかったので、上機嫌での帰宅。でも、さすが、今日はお疲れ気味。昼から、書類に目を通していると眠たくて眠たくて...(苦笑)。

さて、昨晩、しこたま飲んだ翌る日。疲れた頭に、ジャズはいけない。どうしても、聴き込んじゃうからね。良い意味で聴き流せる音楽が良い。そんな時は、アメリカン・ルーツ・ミュージックをベースにした、アメリカン・ポップスなんかが良い。カントリー&ウエスタンが入っていて、ゴスペルが入っていて、デキシーランド・ジャズが入っていて、フォーキーな香りがする。心がリラックスする。

今日の通勤音楽は「Maria Muldaur(邦題:オールド・タイム・レディ)」(写真左)。1973年のリリース。アメリカン・ルーツ・ミュージックを、腕利きのミュージシャンたちをバックに、粋に歌うマリア・マルダーの傑作。

Maria_muldaur

ライ・クーダー、ジム・ケルトナー、ドクター・ジョン、エイモス・ギャレット等、バック・ミュージシャンも小粋な職人達。実に渋い演奏で、マリア・マルダーのボーカルを引き立たせる。楽器も多彩。ありきたりなロック編成では無い。マンドリンやフレットレスベース、ペダルスティールやヴァイオリンなどアメリカのルーツミュージック御用達の楽器が実に効果的に活用されている。

どの曲も良いですよ。特にゴスペルタッチの楽曲は郷愁を誘う。僕は、アメリカン・ルーツ・ミュージックが大好きだ。実にリラックス出来るし、実にシンプルで明るくて楽しい。加えて、マリア・マルダーのボーカルは魅力的。とにかく声が良い。歌唱力はあるし、官能的でもある。実に良い。聴いていて、なんだか、心が和む。ホッとする。

ここに収録された「Midnight at the Oasis (邦題:真夜中のオアシス)」は、ビルボードのポップ・チャートの6位という大ヒットを記録した。聴き直してみると、やはりとても良い。エイモス・ギャレットのギターも素晴らしい。

しかし、今週はいろいろとあって、精神的に疲れたなあ。明日明後日の連休は、好きな音楽を聴きながら、ノンビリと過ごしたい。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« Wah Wah Watsonは「ええなあ〜」 | トップページ | ミスター・クラリネット »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/9953641

この記事へのトラックバック一覧です: オールド・タイム・レディ:

« Wah Wah Watsonは「ええなあ〜」 | トップページ | ミスター・クラリネット »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ