« コルトレーンの「最初の一枚目」 | トップページ | 安らぎのジャズ、癒しのジャズ »

2008年1月21日 (月曜日)

こんな日もあっていいかな〜

昨日の朝から、ちょっと眩暈がする。ひどくならないうちに、今日は仕事を休んで一日グッスリ。寒さとストレスでバランスを崩したみたい。一日寝たら、なんとか治まった。

一日寝ていたんだが、何もせずに寝ていてもつまらないので、BGMをかけながら、ウトウトグッスリ。最近、ご無沙汰しているアルバムを中心にチョイス。そんな中、『Jutta Hipp At The Hickory House, Vol.1,Vol.2』、邦題『ヒッコリー・ハウスのユタ・ヒップ Vol.1、Vol.2』、ブルーノートの1515番、1516番が印象的(写真左Vol.1,右Vol.2)。実に久しぶりの「聴き込み」で、改めてユニークなアルバムだな〜、と感心。

パーソネルは、ユタ・ヒップ(p)、ピーター・インド(b)、エド・シグペン(ds)。1955年録音。ユタ・ヒップはドイツ人女性ピアニスト。レナード・フェザーが入れ込んで、ドイツから連れてきた。Vol.1の冒頭では、最初にレナード・フェザー自らがユタ・ヒップを簡単に紹介しているアナウンスが録音されており、レナード・フェザーの入れ込み具合が良く判る。

Jutta_hipp_trio

その演奏はというと、録音された年が1955年。ビ・バップからハード・バップへの、ジャズのスタイルの激変期で、ユタ・ヒップの演奏スタイルと演奏内容は、当時としては時代遅れになりつつあった「ビ・バップ」に近い。しかし、ピアノ演奏の響き、インプロビゼーションの雰囲気は、整然としていてクール。

彼女のタッチは、黒人ミュージシャンのような、粘りのタッチ、オフビートでの過剰なノリ、特徴的な手癖などは全く無く、整然とした、クラシック的な雰囲気をそこはかとなく感じさせる、スクエアなノリ。これがクールなんですよね。

Vol.1は収録曲、演奏ともに整然としていて、ジャズアルバムとしては模範的な内容ですが、僕は、庶民的でメロディアスなナンバーと、整然としながらも、ちょっとノリがよくて、くだけた感じのVol.2の方が良いですね。

ユタ・ヒップ、マイナーな女性ジャズ・ピアニストですが、こんなアーティストの録音をしっかり残しているのが、ブルーノートの面目躍如。やっぱり、ブルーノートは素晴らしいレーベルですね。

さあ、体調も回復して来たし、明日からまた頑張ろうっと (^_^)v。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 
 

« コルトレーンの「最初の一枚目」 | トップページ | 安らぎのジャズ、癒しのジャズ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こんな日もあっていいかな〜:

« コルトレーンの「最初の一枚目」 | トップページ | 安らぎのジャズ、癒しのジャズ »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー