« 小田和正の「お薦め」って... | トップページ | 「女子とジャズ」を振り返る »

2008年1月30日 (水曜日)

僕のジャズ「マニア事始め」

厳しい寒さに馴れたからなのか、そんなに暖かくは無いんだろうが、朝から、ちょっと暖かさを感じる。先週の金曜日以来、5日ぶりの仕事。高校の学年同窓会があった関係で、すっかり仕事のことは忘れてしまったので、思い出すのに時間がかかった。そして、疲れた。

学年同窓会がきっかけになって、高校から大学時代の、今まで忘れていたことを、徐々に思い出してきた。僕はどうやって「ジャズ・マニア」になっていったのか、大学時代の様々な出来事を思い出した。

大学の友人からジャズを紹介されたのが、大学1年生の春。ロックの状況に絶望していた僕は、そのインプロビゼーションの素晴らしさに、完全にジャズにはまった。しかし、何から聴いていいのかが判らない。当時、数少なかったジャズ入門書を買って読んだが、今度は先立つ予算が確保できない(笑)。

与えられた予算の中で、どれだけ効果的に、ジャズを知る為の有効なアルバムを買うか。一生懸命考えるんだが、これがまた「当たらない」。というか、ジャズを聴き始めた頃は失敗ばかり。「もうジャズ、止めよかな〜」と思い始めた時、やっと出会ったのが、ビル・エバンスの『ポートレイト・イン・ジャズ』と、チック・コリア(Chick Corea)の『フレンズ』(写真左)。
 

Chick_friends_2

 
ビル・エバンスの『ポートレイト・イン・ジャズ』については、このブログで結構語っている(2006年9月29日2006年12月26日)ので、それを参照されたいが(日付をクリック)、チック・コリアの『フレンズ』については、当時の新しい形でのジャズのイメージが、その良さが理解できた最初のアルバムである。

アルバム・ジャケットが可愛くて「ジャケ買い」だったアルバムで、そのアルバムを聴いた印象を、後で、ジャズ雑誌で確かめることが出来た初めてのアルバムで、自分の聴いた印象が、初めて、ジャズ評論家と一致した「記念すべきアルバム」である(笑)。

何も、ジャズ評論家の意見と、自分の聴いた印象が一致することが良いということではないのだが、ジャズ初心者、駆け出しの僕としては、実に嬉しかったのを覚えている。簡単に言うと、自信がついた。単純ではあるが、自分の感覚を信じてジャズを聴いていっても良いんだ、と思った(笑)。大学2年生の夏のことである。

この『フレンズ』、冒頭の「ザ・ワン・ステップ」の4ビート演奏が今でも新鮮。チックのエレピとガッドのドラムが実に新鮮。それに絡む堅実なゴメスのベース、ファレルのテナー。1950〜60年代のハード・バップには無い、新しい感覚の4ビートが素晴らしい。

ジャズ初心者の時代って、どうやって自分の感覚に自信を持つかがカギなんですよね。評論家も人間、評論家なりの感覚で評論しているだけですから、何もそれが正解ではない。僕の大学時代の経験からすると、自分にとって「良い音楽」を、どうやって自分の力で見つけるか。その楽しみが判るようになると、それでもう立派な「ジャズ愛好家」だと思います。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« 小田和正の「お薦め」って... | トップページ | 「女子とジャズ」を振り返る »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 僕のジャズ「マニア事始め」:

« 小田和正の「お薦め」って... | トップページ | 「女子とジャズ」を振り返る »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー