最近のトラックバック

« こんな日もあっていいかな〜 | トップページ | 東京は、やっと雪でした... »

2008年1月22日 (火曜日)

安らぎのジャズ、癒しのジャズ

ジャズを聴いていて、ジャズを知っていてよかったなあ、ジャズと出会ってよかったなあ、と心から思うことがある。

今日なんかそうで、病み上がりで会社に出て行って、難しい質問をされたり、難しい課題にぶちあたったりすると、頭が急速に回転して、オーバーヒート気味になる。そんな時、会社からの帰り道でも、あれこれ、仕事の事を考えたりする。これって、実は能率が悪い。

良いところで頭を切り換えて、集中して考えていることから、一旦離れる事が大切なんだが、この切り替えを促してくれるのが、僕の場合は「ジャズ」である。

今日は、スタン・ゲッツの「Anniversary!」(写真右)「Serenity」(写真左)を聴きながら、帰りの電車の中で、最寄りの駅からの帰り道で「クールダウン」。スタン・ゲッツの心地よいテナーが、頭の中をクールダウンしてくれる。
 

Getz_serenity_anniversary

 
「Anniversary!」「Serenity」どちらも、パーソネルは、Stan Getz (ts) Kenny Barron (p) Rufus Reid (b) Victor Lewis (d)のカルテット。デンマークのコペンハーゲンの有名なジャズ・スポット「Cafe Mountmartre」でのライブ。1987年7月6日の録音。

スタン・ゲッツが、スタンダード中心に、力強く、心地良いテナーを披露する。1980年代の録音なので、ちょっとエコー過多って感じがしますが、そこはご愛敬。そのエコーも、なんだか心地良く、気持ちの良いスタンダード演奏を聴かせてくれる。

バックを支えるリズムセクションは、ケニー・バロンのピアノを中心に、しっかりとゲッツのテナーを引き立てる。そして、自らのソロが巡ってくると、自らの存在をしっかりアピールして、なかなかの好演である。

オーバーヒート気味の頭が、ス〜ッとクールダウンして、心地の良い気分転換。なかなか答がでないストレスも、スカッと解消して、気分も晴れ晴れ。

こんな時、ジャズを聴いていて、ジャズを知っていてよかったなあ、ジャズと出会ってよかったなあ、と心から思います。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« こんな日もあっていいかな〜 | トップページ | 東京は、やっと雪でした... »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/10021804

この記事へのトラックバック一覧です: 安らぎのジャズ、癒しのジャズ:

« こんな日もあっていいかな〜 | トップページ | 東京は、やっと雪でした... »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ