最近のトラックバック

« 新年に聴くアルバム・その1 | トップページ | 新年に聴くアルバム・その3 »

2008年1月 3日 (木曜日)

新年に聴くアルバム・その2

今日は朝から自宅でノンビリ。箱根駅伝の復路を観戦しながら、年賀状のチェックなど。しかし、正月早々、トイレのウォシュレットが壊れて(昨年暮れから調子が悪かったんだけど)、買い換えに町へ。しかし、正月早々、家電フロアでウォシュレットを買う客って、他にいるのかなあ(笑)。

さて、昨日は、バーチャル音楽喫茶『松和』で、正月、新年に流れるアルバムは何でしょうか? ということで、まずは「懐かしの70年代館」で新年に良く流れるアルバムをご紹介した。今日は、本館「ジャズ・フュージョン館」である。

ジャズのアルバムで、新年に必ず聴くアルバムがある。Art Blakey & The Jazz Messengers『Moanin'(モーニン)』(写真左)。ブルーノートの4003番、アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャースの出直し〜復活アルバムである。

アート・ブレイキー(ds)は、1954年から1955年にかけてホレス・シルヴァー(p)と初代の「ジャズ・メッセンジャーズ」を結成。1956年にシルヴァーが脱退した後も、ブレイキーは晩年まで「ジャズ・メッセンジャーズ」のリーダーとして活躍した訳だが、このシルヴァーが脱退した後が大変で、ブレイキー御大の不摂生もあって、大スランプに陥った。

そんな時に「ジャズ・メッセンジャース」に加入したのが、ベニー・ゴルソン(ts)。このベニー・ゴルソンが音楽監督として、ブレイキー御大の不摂生を含めて「ジャズ・メッセンジャース」を立て直す。
 
その立て直し第一弾が、この『Moanin'(モーニン)』。心機一転、新しい船出、という感じの「フレッシュさ」と「覇気」が充満している。本アルバム のメンバーは、リー・モーガン(tp)、ベニー・ゴルソン(ts)、ボビー・ティモンズ(p)、ジミー・メリット(b)で、1958年10月30日の録 音。特に、当時、新進トランペッターであったリー・モーガンは、怖いもの知らずの二十歳の若者で、癖のあるスリリングなフレーズを連発して、実に格好良い。
 

Art_blakey_mornin

 
まずは出だしの表題曲「モーニン」で決まりだろう。1961年、アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャース来日の折、「そば屋の出前」までもが口笛で真似たと言い伝えられる、印象的な前奏のフレーズ。そして、続くコール・アンド・レスポンス。これぞ、ファンキー・ジャズ。実にキャッチャーな曲である。

しかし、続く「アー・ユー・リアル」は、音楽監督の「ゴルソン・ハーモニー」が炸裂。素晴らしいユニゾン、ハーモニー、チェイス。出だしの前奏を聴いただけで「これはただものではない曲」という雰囲気が漂う。ファンキー・ジャズという流行モノとは一線を画するハード・バップ・ジャズの名曲。続く「アロング・ケイム・ベティ」の理知的な雰囲気。実にアーティスティックな演奏。

そして、続く「ドラム・サンダー組曲」と「ブルース・マーチ」は、アート・ブレイキーのドラミングを全面的にフィーチャーした曲。ブレイキーのドラミングが堪能できるのは当たり前、加えて、各メンバーの職人芸的な演奏が繰り広げられる。

特に「ブルース・マーチ」は名曲。アート・ブレイキーのドラミングでないとフィットしない曲で、ジャズ・スタンダードにはなり得ないが、ブレイキーが叩く分には、これほどエモーショナルでノリの良いドラム向けの曲は無いだろう。

ベタなマーチのドラミング(と思いきや、かなりモダンなドラミングなんだけど)にのって、メンバーが一丸となって、演奏を盛り上げていく。新年に、待ち受けているであろう今年の様々な出来事に対して、積極的に立ち向かって行くような、実にポジティブな演奏である。

この『『Moanin'(モーニン)』、そんなフレッシュさと覇気が充満した名盤です。新年にピッタリだと思います。ジャケットのブレイキーの顔写真がちょっと「いかつい」けど、その「いかつさ」さにビビらずに、この新年に手にしていただきたい名盤だと思います。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« 新年に聴くアルバム・その1 | トップページ | 新年に聴くアルバム・その3 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/9702221

この記事へのトラックバック一覧です: 新年に聴くアルバム・その2:

« 新年に聴くアルバム・その1 | トップページ | 新年に聴くアルバム・その3 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ