« 明けましておめでとうございます | トップページ | 新年に聴くアルバム・その2 »

2008年1月 2日 (水曜日)

新年に聴くアルバム・その1

ちょっくら、栃木南部の田舎で2泊してきた。寒かった。けど、自然の寒さなので、心地良さがある。里山も、すっかり木の葉も落ちて、すっきり綺麗な冬山の姿、空は青く、厚い氷は張るわ、風花は舞うわ、なにもかもが冬の風景で、とても美しい。日本の原風景を見る感じで、僕にとって、とても好きな風景。良い気分転換になりました。ありがとう。

さて、バーチャル音楽喫茶『松和』で、正月、新年に流れるアルバムは何でしょうか? ふと、思いついて振り返ってみると、懐かしの70年代館では、エマーソン・レイク&パーマー(ELP)のファースト・アルバム(写真左)が、新年早々、良くかかりますね。

Elp_first

これは高校時代からずっとですね〜。ファースト・アルバムだけに、若々しさと初々しさが溢れていることと、1970年にリリースされたということもあって、何か、新しいロックを創造していく気合いというか、その「第一歩」を記した、って感じで、ELPの「プライドと自負」が感じられるところが、とても気に入っています。何か「事の始め」という雰囲気がプンプン漂っていて、良い感じです。

そして、ラストのシンプルなアコギ曲の「ラッキー・マン」のグレッグ・レイクのボーカルに感じ入り、曲のエンディングのキース・エマーソンのムーグ・シンセサイザーが、新年を告げるファンファーレの様に「今年も頑張るぞ」って感じで、毎年唸り響くんですよね〜。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« 明けましておめでとうございます | トップページ | 新年に聴くアルバム・その2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新年に聴くアルバム・その1:

« 明けましておめでとうございます | トップページ | 新年に聴くアルバム・その2 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー